添付CDの功罪を考える

とうとう現代ギター誌までもか・・・という思いを禁じ得ません。先日手元に届いた「現代ギター」誌5月号に、誌上で解説された楽曲の譜例や添付楽譜の参考演奏の録音されたCDが添付されていたことです。

最近、店頭で見かけたり生徒さんが持参したりする曲集を見ていると、楽譜の下にタブ譜が書かれ、さらに参考演奏のCDが付いているものが多いと感じられます。ギター愛好家が増える中、そうしたニーズが多いに違いありません。
添付CDが必要ないとか悪であると、一口に言うつもりは毛頭ありません。趣味でギターを弾く愛好家の多くは、ギターを弾くことが楽しいのであって、ソルフェージュや読譜の訓練にまで手がまわらないのは当然です。添付CDやタブ譜は、読譜にかかる時間を短縮して、ギター演奏を容易にする手助けをしてくれると思います。

問題は、本当は「参考演奏」であるはずのCDの演奏を、「至上のお手本」と勘違いしてしまうことです。レッスンをしていて、生徒さんに演奏表現上の理由を尋ねたときに、「付いていたCDの演奏がそうなっているから」という答えが返ってくるのは、とても残念なことです。読譜力が未熟であっても、参考CD1枚のみに演奏表現をゆだねてしまって良いとは思えません。その演奏がカッコイイと思ったら真似をしても構わないとは思いますが、その演奏家がどうしてその表現手段を選んだのか、楽譜と照らし合わせて考える手間くらいはかけるべきでしょう。
余裕があれば、オリジナル作品ならば他のギタリストが演奏している音源を探したり、編曲物であればオリジナルを聴くなど、同じ耳からの情報であっても、添付CDのみに依拠することなく、広い選択肢から自分の演奏を考えられたら良いのではないでしょうか。さらに勉強が進んでくれば、こうした経験をもとに、楽譜から自分の表現を模索できるようになると思います。

添付CDは便利です。でも、それがすべてではありません。あくまでも「参考」として捉えて、うまく活用することが必要だと思います。
[PR]
by yuko_kodama | 2007-04-25 00:16 | ギター音楽の話
<< <補足>添付CDの功罪について 富川勝智ギターリサイタル >>