人気ブログランキング |

女流ギタリストと過ごす午後が終了

d0030554_15131750.jpg去る6月24日(土)に、アランフェス・ギターサークル主催で行われた「女流ギタリストと過ごす午後」が盛会のうちに無事終了いたしました。
足をお運びいただいた方々に、心からお礼を申し上げます。

この日、私は5人の女流ギタリストのトップバッターとして演奏しました。「最初にやるのは緊張するでしょう?」と、何人かの人から声をかけられましたが、緊張するのは何番に弾いても同じ。自分の出番が終ってしまえば後の奏者の演奏をゆっくり聴ける1番奏者は、嫌いではありません。

今回演奏した曲目は、ステージで演奏するのが初めての曲も多く、練習期間もあまり長くありませんでした。今後も引き続き練習して、自分のものにしていきたいと思っています。
私自身の収穫は、緊張をある程度コントロールできたことです。「12月と比べてずいぶんとリラックスした雰囲気で弾いていた」「落ち着いていた」と、感想をいただきました。弾き始めの「ロートレック讃歌」では、いつもは絶対に間違わないところをミスしたりして、本当にがちがちにあがっていたのですが、それをうまくコントロールして演奏に集中し、後半にいくほど落ち着いて演奏できたと思います。

美しい音色で難曲を聴かせた佐藤さん、素晴らしい表現力を発揮して楽しませてくださった椎野さん、新鮮なプログラミングとしっかりしたテクニックでトリを飾った村上さんなど、ご一緒させていただいた皆さんから学ぶことも多く、また共演の機会があることを楽しみにしております。

最後に、やはり格の違いを見せ付けられた感のある西本先生。ご一緒できたことを光栄に思います。本当にありがとうございました。
by yuko_kodama | 2006-06-29 15:08 | ライブ、コンサートの話
<< コンサートと食事 現代ギター誌 7月号から >>