ジュニアアンサンブル

5月3日(日)、田園都市線すずかけ台駅前のすずかけ会館にて、ジュニアアンサンブルの練習会があり、長女と一緒に参加してきました。このアンサンブルは、丸山耕太郎先生の門下の子どもたちがメンバーで、今回は23日の子ども発表会の本番に向けた練習。私の娘も声をかけて頂き、メンバーに入れてもらいました。

曲目はメキシコ民謡「ラ・クカラチャ」。

丸山先生「ラ・クカラチャの意味、この前説明したけど、覚えてる?」

子ども「…」

先生「えー?説明したよね?」

Hちゃん「スペイン語でゴキブリ」

先生「え、そっち?じゃ、メキシコの言葉では?」

子ども「…」

この日私も初めて知ったのですが、メキシコでは「おんぼろ車」のことをクカラチャというのだそうです。

アンサンブルは、子ども達みな上手で、あっという間に最後まで合わせも進み、少しの表情付けもして、テンポ上げて、今日の練習は終わり。合間におやつの時間もあり、楽しい練習会でした。
23日の本番が楽しみです。
[PR]
by yuko_kodama | 2015-05-05 08:11
<< 音楽は言葉を超える 音楽は心と脳を育てていた >>