楽器修理

今日は、目黒区にある尾野薫氏のギター工房に行きました。尾野氏は、横浜教室で代講を務めて下さった尾野桂子先生のダンナ様です。横浜教室でレッスンに使用している楽器の修理をお願いしました。

横浜教室で使用しているのは、スペインの製作家カシミロ・ロサーノ氏の手工ギターです。私が気付かない間に乾燥がすすみ、フレットがとびたし、ネックの反りで弦高が高くなってしまった状態でした。ぶつけた跡などもあり、週に一度の慌ただしいレッスンとはいえ、手入れ不行き届きに反省しきりです。

薫氏からは修理の内容、保管時の注意点などのお話を伺い、尾野桂子先生としばし雑談。楽しいひと時を過ごして工房を後にしました。

お預けした楽器は、来週取りに伺うことになりました。
こんな状態ではありますが、やはり、大量生産の楽器とは段違いの、深みのある音色を響かせてくれるカシミロ。これからは保管に注意し、大切に使っていきたいと思います。












[PR]
by yuko_kodama | 2015-02-24 12:35 | ギター音楽の話
<< 好きなギタリスト 野望達成! >>