ギターアンサンブル・フェスティバル

d0030554_20143356.jpg



ギターアンサンブル・フェスティバル2016、今年も盛会のうちに終了しました。今回は急遽出演を願い出て、アンサンブル・カンパニージャの一員として演奏させて頂きました。前日までのリハーサルは都合がつかず、当日午前中のリハーサルのみでの調整となりましたが、何とか本番は合わせることが出来たと思います。急な出演を快諾して頂きましたメンバーの皆様と手塚先生に心からの感謝を申し上げます。

例年どおり、各アンサンブルチームがそれぞれのカラーで展開させる演奏はどれも興味深く、自分のアンサンブルを立ち上げていつかはあの舞台に出たい、という志を今年も再確認しました。

休憩をはさんで後半はサシャ・デヤノヴィチ氏のソロリサイタル。そのスタイルは大胆かつ自由ですが、音楽の本質を捉えて、それを強靭なテクニックによりギターという楽器の特性を最大限に生かして聴かせる、という点では、マリア・エステル・グスマンと共通点を感じます。結果として出てくる音楽は全く違うものに聴こえるのに不思議だなあ。

そんな素晴らしい演奏を聴かせて下さったサシャ氏と打ち上げでツーショット!
d0030554_20143398.jpg

昨日のレッスンもありがとうございました。これからも練習頑張ります。











[PR]
# by yuko_kodama | 2016-06-04 19:53 | ライブ、コンサートの話

サシャ・デヤノヴィチ氏レッスン

本日、クロアチアから来日中のサシャ・デヤノヴィチ氏のレッスンを受講してきました。用意したのはヴァイスの「ファンタジー」。ギターを弾き始めた当初から大好きな一曲で、7月には手塚教室の発表会で演奏予定です。以前に来日した彼が弾くバッハの、目の覚めるような演奏が心に残っており、ぜひバロックを受講したいという思いもありました。彼のレッスンを受講するのは初めてです。

一通り演奏すると、一言。
「まずはテクニック面を話そう、音楽の話はその後。」

一目で私の弱点である左手の弱さと力みを見抜いてのことでした。主にカルレバーロの理論だと前置きして、左手のためのエクササイズを教えて下さいました。これまでの弾き方と全く手の使い方が違うため戸惑いましたが、いつも感じる左手の人差し指付け根の力みや痛みがなくなるようです。今後の基礎練習に取り入れたいと思います。

その後は音楽の内容と表現に。

「私はレッスンの前にいつも聞くのです。
1、なぜこの曲を演奏するのですか?
2、この曲はどういった曲ですか?
3、この曲をどのように演奏したいのですか?
4、この曲を何のために演奏するのですか?」

1は曲に対する動機、2は曲の性格、3は表現、4はその目的、をそれぞれ明らかにするためで、それによってやるべきことがはっきりしてくる、とのこと。

そして2について、バロック時代のファンタジーとは何ぞ、というところから詳しくお話して頂き、最後には
「この曲はバロックだけれど、もっと自由にロマンティックに弾いていいと思う」と、彼らしい包容力のある大きな音楽で、この曲を演奏して下さいました。

私がただ今日の彼の演奏を真似しても、それは聴取に受け入れられるものではないでしょう。私は私なりの表現を探さなくてはいけない、そう教えられたレッスンでした。大きな宿題ですが、とても有意義なレッスンとなりました。

お世話になりました手塚健旨先生、素晴らしいレッスンをして下さったデヤノヴィチ先生、どうもありがとうございました。

d0030554_15323145.jpg
















[PR]
# by yuko_kodama | 2016-06-03 15:04 | ギター音楽の話

ギターピクニック

5月29日(日)、今年も行ってきました、丸山ギター教室主催のギターピクニック。ギター教室に通う子ども達のための、発表会と野外活動がセットになった楽しいイベントで、去年に続く第2回目。親しくさせて頂く丸山耕太郎先生のお誘いです。

町田市ひなた村は、街中の小さなお山にある青少年施設で、緑の森の中にホールまで備えた児童館的建物があり、戸外には屋外遊びのスペースや野外炊飯場があります。ここで、午前中はギター教室に通う子ども達の発表会、お弁当タイムをはさんで午後は保護者も参加、野外炊飯場にてバームクーヘン作りが行われました。

発表会では、私の長女も小学生アンサンブルに加わり「どんぐりころころ」を演奏、私は司会進行と、最後に講師演奏として丸山くんとカルリの対話風小二重奏曲から有名な「ラルゴとロンド」を演奏させて頂きました。

午後はバームクーヘン作り。
薪割りから始まり、私もナタでの薪割りに初挑戦。薪と炭でおこした火が安定するタイミングで生地を混ぜ、竹を芯にして、ひたすら生地をかけては竹をまわしながら炙り焼く作業を繰り返します。全工程2時間ほどで無事に完成して3時のおやつとなりました。爽やかな晴天の中、木漏れ日の下で頂く手作りバームクーヘンは最高のお味でした!

去年はドラム缶で焼く手作りピザ、これも美味しかった。来年は何かなー?丸山くん、お世話になりました!!
d0030554_15351367.jpg





















[PR]
# by yuko_kodama | 2016-05-30 15:27 | ライブ、コンサートの話

お久しぶりです

今年こそはせめて毎月一度は更新したいと思っていましたが、やはり出来ませんでした、とほほ。。。お久しぶりの更新です。

d0030554_01412768.jpg


今夜は久しぶりにこんな楽譜を出してきました。エドゥアルド・サインス・デ・ラ・マーサの曲集です。7月の手塚教室の発表会にて「ロートレック讃歌」を演奏したいと思っています。久しぶりに楽譜を見ると、覚えていたつもりの音楽でも細かいことを忘れているもので、新たに色々なことを考えながら小一時間練習しました。
今年は少しですが、演奏の機会がありそうです。大好きなこの曲をその第一歩として、発表会に向けて仕上げていけたらと思います。
発表会では、ヴァイスの「ファンタジー」も演奏する予定です。こちらも付き合いの長い曲ですが(なんと、私が初めて出た発表会でこの曲を演奏しています。録音はDATで、ダビングされたカセットテープが残っています。時代を感じます。)、あらためて運指を考え直したり、リュートの録音を聴いて勉強したり、これまでとは違った演奏になると思います。

ブランクのつけは大きくて、簡単には取り戻せないもどかしさがありますが、少しづつリハビリしながら頑張りたいと思います。

[PR]
# by yuko_kodama | 2016-05-08 01:23 | ギター音楽の話

復活!

1月はインフルエンザで、なんと2回もレッスンをお休みしてしまいました。こんなのは、横浜教室でレッスンを始めて以来、初めてのことです。1回は長女がイインフルエンザにかかり、預けられなくなったために休講。翌週は、長女のインフルエンザがうつり、自分が寝込んでしまいました。

生まれて初めてインフルエンザに罹患したのですが、かなりつらいですね。全身、節々が痛くて眠れないくらいだし、熱は人生で初めての39℃超えだし。ちなみに、予防接種はしていました。

熱が下がった後も、体力が回復するまでに1週間以上はかかった気がします。2月も半ば過ぎて、ようやく元どおりの体調になってきました。恐るべし、インフルエンザ!

受講生の皆さんにはご迷惑をおかけしましたが、もう大丈夫です!また一緒に頑張っていきましょう。
[PR]
# by yuko_kodama | 2016-02-22 19:30

ハビエル・ガルシア・モレーノ ギターリサイタル

d0030554_11573609.jpg


来月はスペインよりハビエル・ガルシア・モレーノ氏が来日、リサイタルを持ってくださいます。

モレーノ氏はスペイン南部マラガ在住のギタリスト。一般的に、明るく人懐こい性格で、良い意味でも悪い意味でも「適当」といわれるアンダルシア人を絵に描いたような人物ですが、そのギターの腕前は素晴らしく、歌心溢れる音楽は毎回聴衆を魅了しています。今回の会場は正式なコンサートホールではありませんが、その分、彼らしい明るさと親密さの際立つコンサートになりそうです。ギターの音色は、立派なコンサートホールはもちろんですが、今回の会場のような小さなサロンで聴く機会も大切にしたいものです。この機会にぜひ足をお運びください。

※ポスターの元画像がなく、携帯カメラで撮影していますので、詳細不明の場合はお問い合わせください。

[PR]
# by yuko_kodama | 2016-01-20 11:46 | ライブ、コンサートの話

レッスン始め

横浜教室では、お正月、成人の日を含んだ長い冬休みが終わり、昨日が今年のレッスン始めでした。
そんな日にまさかの大雪!幸い、レッスンが始まる夕方までには天気も回復し、交通機関も正常運行に戻りつつあったので、大きな影響はありませんでしたが、私の長靴姿に「先生のところは相当積もったんじゃないですか?」と声をかけて下さる生徒さんも。
はい、積もりましたよ〜。

我が家周辺の今朝の様子。
d0030554_13075973.jpg


昨日の朝は20センチくらいは積もっていたと思いますが、さすがに雨と夕方の日差しで少しは溶けたかな?車道の通行に問題はなさそうですが、歩道にはかなり雪が残り、この写真を撮っている間にも市の職員さんたちが融雪剤をまいていました。電車が便利になり、横浜までは1時間強で行けるようになったのですが、やはり距離は相当あるのです。気候の違いを実感。内陸は寒いです。

さて、新年は昨年から一名減った5名の生徒さん、足元の悪い中全員出席でのレッスン始めとなりました。
入門テキストに並行して大好きな演歌の練習を始める方、独奏を目指して引き続き入門テキストを頑張る方、少し難しいけれど好きな曲に挑戦する方、表現の幅を広げていきたい方、これまでのテクニックを見直していこうという方。
目標はそれぞれですが、今年も皆さんのご希望に応えながら、そして時にはご希望に敢えて逆らいながら(笑)、それぞれのギターライフを応援していきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
# by yuko_kodama | 2016-01-19 12:53 | ギター教室の話

題名のない音楽会

10日(日)放送の「題名のない音楽会」をたまたま見ることができました。この日は「クラシック新世紀の音楽会」と題して葉加瀬太郎さんをゲストに迎え、司会の五嶋龍くん(つい「くん」付けで呼んでしまいたくなる龍さん、もう立派な大人です。)と素晴らしいヴァイオリンの競演。
なかでも、エンディングに演奏された葉加瀬氏の代表作である「情熱大陸」のセッションは、テレビ放送であることを忘れるくらいにリアルな演奏の楽しさが伝わるものでした。あの時間、演奏していた二人が誰よりも音楽を楽しんでいたことは明らか。ああいう演奏を聴けると、本当に気分がハッピーになります。

終演後に
「あ〜〜楽しかった!!」
と心から思える演奏は、アンサンブルの醍醐味。ソロ演奏では、なかなかこの楽しさは味わえません。なぜか?「楽しい」という気持ちは人同士が作用し合うことで生まれるからだと思います。この楽しさを、ぜひ多くの人に体験経験してもらいたい。今年はまた、横浜教室でもアンサンブルのレッスンを再開していきたいと思います。

ちなみに、ソロ演奏がうまくいった時は「あ〜〜気持ち良かった!!」
ですね。

題名のない音楽会 1月10日放送
「クラシック新世紀の音楽会」
http://www.tv-asahi.co.jp/daimei_2015/sphone/broadcast/0013/

















[PR]
# by yuko_kodama | 2016-01-12 16:08 | クラシック音楽の話

明けましておめでとうございます

d0030554_06574385.jpg



皆さま、新年明けましておめでとうございます。今年は初日の出を見てきました。近所には畑が多く、見晴らしがききます。

d0030554_06574313.jpg


今年もなんとか味わえた我が家の味の数々。今年は、頂き物のムラサキ芋で作った栗きんとんが美味しいです。黒豆や田作りも大成功。これでお正月だけは食事の支度から解放されます。家族で初詣に行ったりトランプをしたり、お正月らしく楽しみました。

今年も演奏活動はなかなか難しい状況ですが、横浜でのレッスンは続けていきます。6月には、久々にマスタークラスの受講も申し込みました。なんとか練習時間を作り、少しづつリハビリしていきたいと思います。

今年の目標は「素早い対応」。
メールへの返信、生徒さんへの楽譜の用意など他にも諸々、昨年はお待たせしてしまうことが多かったため、今年はできるだけきちんと対応していきたいと思っています。ブログは、最低でも月に一度は更新というゆるーいペースを目標にします。

皆さんは、どんな新年の目標を立てましたか?
今年もどうぞ、よろしくお願い致します。









[PR]
# by yuko_kodama | 2016-01-02 06:34 | その他の話

江部賢一先生逝く

去る12月24日、ギタリストで作編曲家としても活躍された江部賢一氏が亡くなられたとのことです。

私は基本的にクラシックのギターオリジナル作品を勉強していることが多く、あまり編曲ものの楽譜は多く手元にありません。しかし、だからこそ特にポピュラー作品を選ぶ際には江部先生の編曲に絶対的な信頼を置いていました。手持ちの編曲ものの楽譜の「江部編率」は、計算したらものすごく高いでしょう。要するに、大ファンだったのです。

悲しい年末となりました。これからも、江部先生の作品を愛奏していきたいと思います。
ご冥福をお祈り申し上げます。









[PR]
# by yuko_kodama | 2015-12-29 07:07 | ギター音楽の話