<   2016年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

アリリオ・ディアス氏の思い出

もう10日も前になりますが、ベネズエラの偉大なギタリスト、アリリオ・ディアス氏が他界されました。富川勝智氏のブログ記事です。

http://guitar.livedoor.biz/archives/52627953.html

アリリオ・ディアスへの敬意に溢れた素晴らしい記事。彼の業績が分かりやすくまとめられているので、ぜひご一読を。

私はアリリオ・ディアス氏の演奏を、おそらく1997年かな?1999年?どちらかの年に、スペインのリナレス(言わずと知れた巨匠セゴビアの生地です)にて聴いています。私にとってディアスの生演奏はこれが最初で最後でした。70歳過ぎだったと思います。年齢のためもあり、録音で聴いていたような往年の超絶技巧は聴かれませんでしたが、太く、でも澄んでいて芯のある音色は、唯一無二と思われました。そして、プログラムがベネズエラ・ワルツになると、水を得た魚という言葉がぴったりくる、体の中から音楽が溢れ出てくるような演奏に。それは恐らくご本人も、そしてもちろん聴衆も、年齢を忘れて音楽に浸ることのできた時間でした。

終演後のパーティでの、ぎゅっとハグしてくれたツーショット写真が私の宝物としてアルバムに残っています。ここで公開しようかなと思ったのですが、宝物なのでやめました(笑)。今見ると、自分も若い。あの時から20年弱。天国の巨匠は、私の中ではあの時の70歳の笑顔のままです。ご冥福をお祈り申し上げます。
[PR]
by yuko_kodama | 2016-07-15 22:10 | メディア(番組・記事)紹介

ブーケ・デ・ボンボン

d0030554_06161709.jpg


9月24日(土)本郷三丁目の名曲喫茶「カデンツァ」にて、ギター、歌、ピアノのコンサート「ブーケ・デ・ボンボン」にゲスト出演させて頂くことになりました。「ブーケ・デ・ボンボン」はお菓子の花束、という意味。女性らしく華やかに、甘くて可愛らしい音楽をお届けするコンサートです。

声をかけて下さったのは、昨年本コンサートを企画し成功をおさめた友人ギタリスト尾野桂子さん。兄弟子である富川勝智氏の高弟なので10年以上のお付き合いではありますが、2年前の私の出産時に横浜教室の代講を務めて下さったことで、一層ご縁が深まりました。今回のコンサートでは、尾野さんとのギター二重奏に加えて、歌とピアノを交えた全員でのアンサンブルにも参加させて頂きます。他楽器とのアンサンブル、実は初の体験。とても楽しみです。

お席に限りがありますので、どうぞお早めにご予約下さいませ。皆様のお越しをお待ち申し上げます。


[PR]
by yuko_kodama | 2016-07-09 05:59 | ライブ、コンサートの話

手塚ギター教室発表会

7月2日(土)、溝の口の糀ホールにて手塚ギター教室の発表会が行われました。私は、「ファンタジー」(ヴァイス)、「ロートレック讃歌」(E.S.デ・ラ・マーサ)の二曲を演奏させて頂きました。

さすがは手塚先生のお教室、出演者のレベルが高い!皆さん、素晴らしい演奏でした。長く習っている方は、曲の難易度に関わらず音が美しい印象です。本物のギターの音作りは、手塚先生に習うことの魅力のひとつだと思います。

自分の演奏は、とにかく練習不足の一語に尽きます、恥ずかしい。。。長年のレパートリーなので、なんとか弾くだけは弾けましたが、うーん、もっとあれもこれも、時間があったらきちんと考えて練習したかったー、という感じです。

練習は、とにかくきっちりと考えて、理詰めでやるべきだと思っています。クレッシェンドならどの音から強くするのか、一音一音強さを決めてやるくらいに。今回演奏した二曲(特にロートレック讃歌)は、そうした表現面の美しさをもっと理詰めで追求できたはずなのですが、練習時間が取れずに「なんとなく」の表現に終始してしまいました。本当は、隅から隅まで考え抜いた練習をして、それを本番は感性で弾く。というのが理想なのですが。先生からは「音が切れないように」というアドバイス。録音して聴いてみようと思います。

次回の発表会は来年1月。
新曲を用意する余裕はないですが、今回とは違う曲を何か、レパートリーの中から用意して、また出演できたらと思います。久々にソロ曲で出演し、他の出演者の皆さんから多くの刺激を受けました。また新たな気持ちで頑張ります!













[PR]
by yuko_kodama | 2016-07-03 23:33 | ライブ、コンサートの話