<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

教育的作品集の必要性

先日、7才の長女が通うピアノ教室の発表会に行きました。ピアノは私も子どもの時に習っていましたが、プログラムを見ると、あまり知った曲、昔弾いた曲がありません。代わりに並んでいる作曲家の中で、その数の多さでひときわ目をひいたのは、ギロックという名前です。思わずネットで検索しましたら、ウィリアム・ギロックは20世紀のアメリカの音楽教育家・作曲家とのこと。多くの優れた教育的作品を生み出したとあります。

実際に子ども達の演奏を聴いてみますと、古典やロマン派から民族音楽まで、様々な様式を借りて作曲された作品は、どれも親しみやすいメロディやピアノに効果的な音使いで、聴いていて楽しい曲ばかり。しかも、難しい曲ではなく、入門・初級クラスでも舞台で弾いて映える曲がたくさん。思わず、こういう曲、ギターにも欲しい!と思ってしまいました。

ギターの作品は、今でも数が限られています。本格的にクラシックギターを学びたい人のための初級クラスの楽曲がもっとたくさんあればいいのにと、いつも感じています。

残念ながら、私には作曲の才がありません。でも、世界といわず国内にも現在、作曲を手がけるギタリストは少なくありません。そういった方が、入門・初級クラスの方に向けた美しい教育的作品集を作って出版してくれたらなぁと思います。

または、私の情報不足かもしれませんので、そのような作品集がすでに出版されていてご存知の方がおられましたら、ぜひ情報をお寄せ下さい。


[PR]
by yuko_kodama | 2015-07-08 10:33 | ギター音楽の話

子育て広場で演奏

d0030554_10321176.jpg


6月26日(金)、地元の子育て広場でボランティア演奏を致しました。江部賢一先生のジブリ作品集から「さんぽ」「となりのトトロ」の2曲です。

ボランティアとはいえ久々のソロ演奏、きちんとしたものをお届けしたいと、なんとか時間を捻出して練習してきましたが、やはり準備不足の感は否めず。。。少なくないミスタッチに緊張が増すばかりの本番でしたが、終演後にはスタッフだけでなく何人もの方からお声をかけて頂き、何とか楽しんで頂けたようでした。

多くの親子が耳を傾けて下さった会場の様子もアップしたかったのですが、写り込みに了承を得られていないため、私の写真だけです、スミマセン。

小さな子どもが多いので、歩き回ったり騒がしいだろうなと予想していたのですが、意外にもみんな、ママのお膝で静かに聴いてくれていました。それが一番嬉しかったです。

地域にひらかれた子育て広場を主催して下さっているのは

NPO法人 子育てネットワーク・ピッコロ
http://www.piccolonet.org

ピッコロさん、今後もどうぞよろしくお願い致します。お声がかかれば、また演奏したいです。



[PR]
by yuko_kodama | 2015-07-08 10:16 | ライブ、コンサートの話