<   2015年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

音楽は心と脳を育てていた

d0030554_21165075.jpg


吉井妙子 著
「音楽は心と脳を育てていた〜ヤマハ音楽教室の謎にせまる〜」

久々に本を買いました。軽いタッチのノンフィクション。ざっと一読して、タイトルから想像したほどの大きな「謎」もなければ、「謎解き」もなかったのですが、もう少し深く読んでみたい箇所もある、とりあえずは興味深いといえる本です。

レッスンに役立つヒントがあるかな、と思って買ったのですが、むしろ日々の育児に役立ちそうな、というより、日々の育児を反省させられるような、育児書的記述も多かったです。

私自身は、ヤマハ音楽教室の幼児科を修了しています。私の長女も、昨年の秋に幼児科を修了しました。
幼児科というのは、4〜6才児向けの2年間のコースで、2年間の課程を修了する頃には、絶対音感、鍵盤演奏の初歩(簡単なメロディと伴奏の両手演奏)、簡単な読譜、先生の伴奏に合わせて弾くというアンサンブルの基本、などが概ね身についてしまう、結構すごいコースです。

ちなみに、娘を受け持って下さった講師の先生によると、だいたいの感触では90%くらいの子は幼児科で絶対音感を身につけている、とのことで、娘が受講したグループレッスンのクラスメイトも、5人全員が先生のピアノの音を「ドレミ」で言い当てられるようになっていました。ヤマハのメソッドの確かさは、身を以て実感しているところです。

さて明日は横浜教室のレッスンです。
幼児科のメソッドが通用しないシニア年代の方に、私は私なりのアプローチで向かい合いたいと思います。














[PR]
by yuko_kodama | 2015-04-12 20:29 | メディア(番組・記事)紹介

子ども発表会

「発表会だけど汚れても良い服装で」
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/264768/220932/82001748

親しくさせて頂いている丸山耕太郎先生のお教室で、子どもたちだけの発表会が催されます。お誘い頂き、長女が出演することになりました。私も講師演奏で三重奏をさせて頂きます。

このアイディア、町田という地の利を生かした、とても楽しみな企画です。私もいつか子どもの生徒さんが増えたら、ぜひやってみたい!

もしかしたら、発表会=キレイなドレス、を楽しみにしている長女には拍子抜けかな(笑)。でも、合奏など初めての経験もあるので、楽しんで参加してもらいたいです。

お近くの方はぜひ、聴きにいらして下さい。














[PR]
by yuko_kodama | 2015-04-04 13:31 | ギター教室の話

3月が去って

d0030554_1329264.jpg


近所の公園の桜です。
今週月曜日に撮影したものです。ちょうど満開でした。
あっという間に満開になった桜のように、あっという間に過ぎていった3月。今日はもう4月に入り4日目です。焦ります。。。


3月のレッスンから。

今まで「あまり曲を知らないから」と
私の勧める曲をひたすら勉強してきた在籍10周年のご長老、初めてご自分から「この曲を弾いてみたい」と、ペルナンブーコの「鐘の音」に取り組みました。こういう小さい一歩がとても嬉しく感じます。

体験レッスンにいらした方は推定70代後半。30分の体験レッスンで、4月からのご受講を即決されました。いくつになっても好奇心溢れる姿勢は、自分も見習うべきものです。大切なのは、難しさに行き詰まった時に歳のせいにしないこと、とお話させて頂きました。シニアの方々へのレッスンを数多く経験してきた私の実感です。ゆっくりでも必ず上達します。周りと比べず、過去の自分と比べましょう。

代講に入って下さった尾野先生のお言葉。「爪のことを尋ねたら切りっぱなしだと言うので、磨いてあげたところ、音の違いに驚かれていました」。
半年以上レッスンしていて、こんなことも気付いてあげていなかった。本当に申し訳ないと思いました。時間に追われていても、大切なことは教えていかなくてはいけないと反省しました。

新年度も頑張りたいと思います。










[PR]
by yuko_kodama | 2015-04-04 13:14 | ギター教室の話