<   2015年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

続・緊張を克服する

前回の記事では、私の緊張克服法をご紹介しました。エラそうに書きましたが、失敗もたくさんしています。
そこで感じたのは、「成功体験」の大切さです。というわけで、今日は軽い続編です。

よく、緊張を克服するために聞く言葉のひとつが「場慣れ」。何度も人前で弾くことによって、人前で演奏するという行為に慣れる。それによって緊張を克服する、というものです。これは、もちろん効果ある方法ですが、間違って実践してはいけません。大切なのは人前で弾く「回数」ではなく、人前で弾いて「成功する体験」なのです。

人前で弾く回数に気をとられ、準備も整わないままに舞台に出ては、緊張は増すばかりで、思うような演奏は出来ません。何より大切なのは、きちんと準備をして舞台に上がることです。基本ラインとしては、自分の満足いく演奏が、自宅であれば常に百発百中くらいの確立で出せること。これは客観的に見てミスがあるとかないとかではなく、弾いている本人の感覚として、きちんと自分の演奏を出せたかどうか、ということです。難しくて弾けない箇所があっても構いません。そこは常に弾けないのであれば、舞台でも弾けなくて当たり前。大切なのは、それを自覚しておくことです。

こうして、きちんと準備をして本番に臨みます。先の記事に書いたようなイメージトレーニングも、ぜひ取り入れてみて下さい。出来ることはすべてやったと思える状態で舞台に上がれば、それだけで緊張は緩和されます。その上で何度か舞台を重ねれば、あるいは「今日はうまくいった!」と思える日があるかもしれません。その「成功体験」こそが大切なのです。あの時うまくいったから今度も大丈夫、という自信が、どんどん舞台を楽しいものに変えてくれると思います。

舞台で思うような演奏をすることは、本当に難しいことです。だからこそ、出来る準備は全てやる。その心が上達をもたらし、だから本番はたまらない!やめられない!と思えるようになるのです。そんなサイクル目指して、ぜひ一緒に頑張りましょう。私も本番からは遠ざかっていますので、エラそうに言うだけでなく、一から頑張ります!













[PR]
by yuko_kodama | 2015-01-30 23:44 | ギター教室の話

緊張を克服する

先週土曜日は、手塚健旨先生の教室発表会でした。残念ながら第一部しか聴くことが出来ませんでしたが、やはり手塚教室の皆さんは音色が美しく、聴いていて心地良かったです。自分も早くまた舞台で演奏したい、という気持ちになりました。

しかし、舞台で弾くというのは、やはり緊張するものです。体のちょっとした震えなどが指先のコントロールを乱し、ミスに焦ると余計に緊張が増す悪循環。私もたくさん経験しました。
これをどのように克服するか、人それぞれに方法はあると思いますが、今回は私が実践したやり方を紹介したいと思います。これは、スペインでコンクールを受けた時に、当時指導を仰いでいたマリア・エステル・グスマン先生が教えてくれた方法です。

それは、イメージトレーニング。
必ず就寝前にベッド(布団)に横になって行います。
まず、横になってリラックスした状態で、本番の舞台をイメージします。知っている会場であれば、できるだけ正確に詳細を思い浮かべます。初めての会場ならば、かなり大きいホールをイメージしておくと良いです。本番がイメージしたよりも小さい会場である方が緊張しません。
場面は、自分の出番の前の人が舞台で弾いているところ。自分は舞台袖で出番待ちです。ここまでイメージしてくると、少なからず緊張してきたはず。緊張を覚えたら、イメージ作業は続けながら、できるだけ体がリラックスするよう努めます。
前の人が演奏を終えました。拍手が起こり、袖に下がってきます。さあ、自分の出番です。舞台中央まで進み、盛大な拍手を聞きながらおじぎをして席につきます。足台に足を乗せ、調弦します。さらに緊張してきます。呼吸を意識しながらリラックス。
演奏開始。自分が演奏する予定の曲をきちんと最初から最後まで、イメージの中で弾きましょう。練習中からミスの出やすい箇所は、ミスもイメージします。ミスした時に動揺しないよう努めます。
最後まで弾いたら、再び盛大な拍手を聞いておじぎ、舞台袖に下がるところまできちんとイメージしましょう。これで終わりです。
終始、体の緊張を感じながら、それを意識してリラックスに持っていくことが重要です。これを、できれば毎晩行います。成功すれば、本番でも同じように緊張をリラックスに持っていくことができるでしょう。私にはものすごく効果がありましたよ。

この方法をどなたかに紹介した時、「曲を覚えてないからベッドの中では無理」と言われました。ああ、確かに…。発表会の曲は、ぜひ暗譜してください…。












[PR]
by yuko_kodama | 2015-01-27 21:27 | ギター教室の話

手荒れのケア

冬本番、昨日は雪がちらつき今日は雨ですが、極度に乾燥する日も多いです。手荒れが気になる方も多いのではないでしょうか?手先が乾燥すると爪も割れやすくなりますし、ガサガサの指先では美しい音色を出すことが難しくなります。

私も毎冬手指の乾燥、肌荒れに悩まされるタチですが、近年はだいぶマシになってきました。何が以前と違うのか。それはズバリ「血行」です!ハンドクリームなどで外側から乾燥をケアすることも大切ですが、実はそれ以上に内側からのケアが重要なのです。

私はなで肩猫背で、万年肩こりの体質でしたが、数年前にアンドーヴァーレッスンを受けてから、姿勢に対しての意識が大きく変わりました。ギターを弾く時はもちろんですが、日常生活でも、自分で肩や背中の緊張を意識するようになり、不自然に緊張している筋肉を緩めること、バランスの取れた姿勢を保つことが出来るようになりました。肩こりはほぼ解消し、同時に手先、指先の血行が改善したのか、手足の冷えなども緩和されてきたのです。手荒れも、それ以前とは比べものにならないほど改善しました。

手荒れにお悩みの方は、ぜひ姿勢を見直す機会を作ってみて下さい。肩こりが解消すると、手荒れも良くなりますよ。レッスン生の方は、教室での姿勢に対するアドバイスを、ギターを弾く時だけでなく日常生活全般に取り入れてみて下さい。

乾燥した冬、少しでも快適なギターライフが送れると良いですね。










[PR]
by yuko_kodama | 2015-01-22 22:30 | その他の話

リハビリ…

今日は新年明けて2回目のレッスン@横浜教室。前回より爪のコンディションも良く、生徒さん方と一緒に気持ち良く音を出してきました。

産休の間もしっかり練習するつもりが、気付けば半年近いブランク…。馴染みの曲を弾こうと思っても思うようにセーハの音が出なかったり、暗譜していたはずの曲の一部をど忘れしていたり。 現実は厳しいですが、基礎練習からコツコツと、また積み上げていきたいと思います。

横浜教室の生徒さんは圧倒的にシニア男性が多く、60代、70代になっても皆さん熱心に練習され、確実に上達されています。そう、私もまだまだ上手になれる!そんな勇気をもらえる月曜日です。












[PR]
by yuko_kodama | 2015-01-19 20:17 | ギター教室の話

レッスン始め

今日は今年のレッスン始めでした。
3ヶ月ちょっとの産休からの復帰初日でもあります。

久しぶりにお会いする生徒さんがた、皆さんきちんと3ヶ月分、いやそれ以上かな?前進されていて、とても頼もしく感じました。尾野先生のおかげです。

私はといえば、家事育児のために手入れ不行き届きの右手の爪、すべて割れていてロクな音が出ないという情けないレッスン始め。次週は成人の日のためにお休みなので、2週間後にはしっかりと爪を整え、美しい音色を取り戻したいと思います。

横浜教室の皆さん、今年も一緒に頑張りましょう!








[PR]
by yuko_kodama | 2015-01-05 20:29 | ギター教室の話

あけましておめでとうございます

2015年、あけましておめでとうございます。

昨年はブログ再開を決意したものの、数えるほどしか更新することが出来ませんでした。我ながら情けないです。
今年はもう少し更新出来るように頑張ります!

また、昨年は新しい命を授かった年でもありました。各方面にご迷惑をおかけしながら誕生した赤ちゃんも元気に成長しており、明日からは産休明けのレッスン再開となります。お休み中に代理を務めて下さった尾野桂子先生には、大変感謝しております。ありがとうございました。

気持ちも新たに、今年も頑張ってまいります。どうぞよろしくお願い致します。


d0030554_17534535.jpg

毎年手作りしている我が家のお節料理










[PR]
by yuko_kodama | 2015-01-04 17:44 | その他の話