<   2010年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NYフィルのセントラルパークコンサート

昨年は子どもが小さすぎて、行きたくとも行けなかったNYフィルの夏の野外コンサート。1年間、待ちに待ったコンサートに、ついに行くことができました。といっても、この日の演奏は、NYフィルと上海シンフォニー・オーケストラの共演であり、相変わらず上達しない私の英語力では、会場アナウンスを聴き取ることもできず・・・。どの曲をどのオケが演奏したのかなど、詳細は分からずじまいです。どちらにしろ、私は指揮者やオーケストラの違いを楽しめるほどの通ではなく、単純に音楽を聴くのが好きなだけなので、その意味では本当に楽しいコンサートでした。

コンサートは毎年、広いセントラルパークの中でも最も開放感のある広大な芝生広場「グレートローン」で行われます。午後8時開演ですが、私は友人たちと7時少し前に待ち合わせました。皆小さな子どもを連れていますので、熱心に聴きたい方の迷惑にならないよう、広場の隅っこの木陰に陣取りました。左右に置かれたスピーカーの、さらに外側という位置でしたので、音響には多少の不安がありましたが、オーケストラの音は問題なく(エコーなどが入らずに)聴くことが出来ました。

ところで、この日は1日中不安定な天気で、お昼には土砂降りの雨も降りました。そのためか、NYにしては珍しいくらいの湿気。おそらく湿度80%は超えていたでしょう。気温は高くありませんでしたが、肌にベタベタと汗がはりつき、東京の夏を思い出しました。オーケストラの方たち、特に高価な木製の楽器の奏者たちは、本当に大変だったことと思います。私はこんな日には、屋外でギターをケースから出すなんて、考えたくもありませんもの。

さて、コンサートは8時過ぎに、ワーグナーの歌劇「タンホイザー」の序曲でスタート。今日のプログラムは、聴きやすい有名曲が並んでいて、その後、上海からやってきた歌手によるオペラアリアが数曲続き、前半最後のハイライトはガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」。いかにも「NY」なこの曲を弾くピアニストは、世界中でひっぱりだこのラン・ラン!!私の座っていた位置からはほとんど姿が見えませんでしたが、広場の前方から大きな拍手が沸き起こり、ピアニストの登場を知らせてくれました。
残念ながらピアノの音色は、スピーカーを通して少しキンキンとした音になっており、また座った位置も悪かったせいで微妙なエコーがかかってしまい、疾走感や躍動感といった面でのランランらしさを感じるのは難しかったです。それにしても、「ラプソディ・イン・ブルー」が、こんなに野外コンサートに似合う曲とは思いませんでした。開放感たっぷりの芝生で、(こっそりと)ワインを頂きながらの鑑賞。周囲はすでに日が暮れて暗くなり、蛍(日本の蛍とは全然違う虫ですが、光りながら飛ぶので「蛍」と呼んでいます)がちらほらと飛んでいて、本当に良い雰囲気です。叩きつけるように音符が並んだパートも、しっとりとロマンティックに聴かせるパートも、すべてが、この夏の夜の雰囲気に合わせて作曲されたかのように思えるほどでした。この夜、私が最も楽しんだ一曲でした。

第2部は、30分以上の長~~い休憩を挟んでのスタート。チャイコフスキーの「エフゲニー・オネーギン」から「ポロネーズ」のあと、バーンスタインの「ウェストサイド・ストーリー」から「シンフォニック・ダンス」。今夜聴きに来た理由のひとつは、「ラプソディ・イン・ブルー」と並んで、最もNYらしい曲のひとつ「シンフォニック・ダンス」が聴けるからでした。以前にこのブログでも感想を書きましたが、私はリバイバル上演中の「ウェストサイド・ストーリー」を見に行きましたので、それぞれの曲にミュージカルの場面が重なり、とても楽しい。もっとも、この「シンフォニック・ダンス」は、ストーリーとは関係なく、コンサートで演奏されることを前提にバーンスタイン本人が編曲したものなので、各曲はミュージカルのストーリーとは全然違う順番で並んでいるのです。それがまた面白い。音楽的に並べると、静かな曲、盛り上がる曲、リズミックな曲・・・こういう順番がスッキリするんだな~~なんて思いながら聴きました。
プログラムの(おそらく)最後は、ラベルの「ボレロ」。この「ボレロ」は、私にとってはとても親しみがあり、また思い入れの深い曲でもあります。手塚健旨先生のギターアンサンブル「カンパニージャ」では、この曲をギターアンサンブル用に編曲してレパートリーとしており、私も何度も演奏しています。演奏するたびに、異なるパートを弾いていましたので、色々な思い出があるのです。オーケストラの色々な楽器の音色を聴きながら、この曲をギターの音色のみで表現していくことの難しさと面白さ、そして、そんな素晴らしいことを思いつく手塚先生の感性に思いを馳せていました。私は、とても良い師匠に恵まれたと思います。

後半の演奏は、芝生広場の周りをベビーカーを押しながら散歩しての鑑賞となりましたが、それでも夜10時半過ぎまで付き合ってくれた幼い娘に感謝。「ボレロ」の盛大なフィニッシュに大きな拍手を送り、おそらく1曲は演奏されたであろうアンコールは諦めて、家路につきました。大変満足のいく一夜でした。

イベント詳細はコチラ
http://nyphil.org/meet/archive/index.cfm?page=eventDetail&eventNum=2163&seasonNum=9&archive=1
[PR]
by yuko_kodama | 2010-07-16 12:04 | ライブ、コンサートの話

Met Opera 夏のリサイタルシリーズ

久々の更新です。皆様、お元気ですか?
NYは先週、熱波に襲われて、最高気温が39℃まであがりましたが、今週は落ち着いて、過ごしやすい気候になりました。39℃といっても、湿度が日本よりは低いですから、数字で見るほど暑さがつらくはありません。

さて、待ちに待った夏。野外コンサートのイベントが、NYではたくさんあります。今日はそのひとつ、「Met Opera」 の夏のリサイタルシリーズに行ってきました。「Met Opera」と略される「メトロポリタン歌劇場」は、世界3大オペラ劇場のひとつです。このMet Operaでは、シーズンオフの夏を利用して色々なイベントを企画しているのですが、昨年からスタートさせた夏のリサイタルシリーズは、NY市の5つの区(マンハッタン、クイーンズ、ブルックリン、ブロンクス、スタッテン)すべてにおいて、公園などの屋外でリサイタルを行うというイベントで、もちろん入場無料です。今日はその第1回で、マンハッタンはセントラルパーク内にあるイベントステージ「ラムゼイ・プレイフィールド(Rumsey Playfield)での公演でした。出演歌手は、メインにネイサン・ガン(バリトン)と、若手のソプラノ&テノールという組み合わせ。普段、声楽をほとんど聴かない私には知らない曲も多いプログラムだったのですが、大変に楽しいひとときを過ごすことができました。

私は今年初めて聴きに行ったのですが、会場はとても広く、椅子席のほかにも、シートを広げて座れるピクニックエリアがあり、子連れでも、それほど気兼ねなく、ゆっくりと聴くことができました。開演の30分ほど前に会場に着いたのですが、入場待ちの行列がものすご~~~~く長くできていて、「果たして会場に入れるのか?!」と思ったのですが、着いてみれば、まだ十分に座れる場所があり、会場の収容力に驚きました。慣れた方たちは皆さんキャンドルを持参されていて、ワインなど飲みながら(会場で販売されていました。普段はNYでは屋外での飲酒が法律で禁止されています。)、雰囲気たっぷりに音楽を楽しんでいる様子。日が暮れて暗くなっても、キャンドルがあれば、プログラムも確認できますし、いいですね。

肝心の歌のほうも、素晴らしかったです。ネイサン・ガンは世界的なバリトン歌手だとのことですが、他に2人出演していた若手も、まったく聴き劣りのしない歌いぶりでした。もちろんPA使用ですが、音量・音質ともに不自然さが全くなく、大変に聴きやすかったです。

明日は、毎年恒例のイベント、セントラルパークのグレートローンで行われるNYフィルの野外演奏会を、初めて聴きに行く予定です。今のところ、夕方から雨の予報が出ているのですが、何とか晴れてほしいものです。
夏のNYは、本当に楽しいですね。
[PR]
by yuko_kodama | 2010-07-13 13:52 | ライブ、コンサートの話