<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

宮下祥子の新作「Gift」を聴いて

d0030554_1141133.jpg 札幌を拠点に、昨今は全国各地でのコンサートや海外公演にもお忙しいギタリスト宮下祥子さんが、3枚目のアルバム「Gift」をリリースされました。ご本人からサイン入りCDを購入し、今、聴き入っております。とても素敵な1枚です。

大作のソナタや難曲を並べた前2作とは趣を異にし、よく知られたメロディーを新たにギター用に編曲した、壺井一歩氏の「新12の歌」をメインに据えた「Gift」。簡単に私なりの感想を述べてみたいと思います。批評ではありません。あくまで「感想」です。

まずCDのジャケット。北大の銀杏並木でロケーション撮影をしたとのことですが、ご本人の「前2作とは全く違う1枚を作りたい」という意気込みを感じます。ドレスアップしてのスタジオ撮影だった前2作のジャケット写真も、とても素敵でしたが、今回は、自然体のご本人を感じられるような写真を採用されています。このことは私に、「大きなコンサートホールのステージ」ではなく、「自宅のリビング」で自然に演奏しているような宮下さんを感じさせてくれました。
「自宅のリビング」といえば、録音の状態も、とても私の好みです。不必要に音を響かせすぎず、タッチや音色が直接伝わるような位置で採音されているように思います。だから、すぐそこでご本人が弾いているような感じがありますね。けれども、ふと音が切れたときや、音が伸びたときには、自然な残響があって美しい。「自宅のリビング」と言いましたが、この感じは、響きのきれいな小さなホールで、演奏者の間近の前列の席で演奏を聴いた感じに近いかもしれません。音がつながっている間は、楽器から直接響く音が聞こえ、ふと音がとまった瞬間、ホールの残響が美しく耳に響く、あの感じです。

収録曲の中では、私は「おぼろ月夜」がとても好きです。透明感があって、ちょっぴり神秘的な和声が、うっとりと夢見心地で歩く春の宵の雰囲気にぴったり。全体をとおして聴くと、かなりドラマチックな編曲をされているもの(「城ヶ島の雨」や「グリーンスリーブス」など)もあり、12曲をとおして聴いたときのバランスも、とても良く考えられているなぁと思います。
こうした選曲をしたときに難しいのは、「甘さ」の加減だと個人的には思います。聴きやすさを意識するあまり、表現や音色が「甘さ」に傾きすぎると、全体としてしまりがなくなり、「心地良くはあるけれど印象に薄い」・・・つまりBGMのようになってしまう可能性があるからです。しかし、このアルバムには、そうした「甘すぎる」味付けがありません。耳に馴染む自然な音楽でありながら、どこかで聴くものに背筋を伸ばさせるような、凛としたところがあるのです。

このアルバムを聴いていたら、久しぶりに宮下さんのコンサートを生で聴きたくなりました。生で聴けたらもっと素晴らしいと思います。そういう期待感を持たせてくれる1枚でもありますね。




*宮下祥子さんの公式ホームページはこちらです
http://www.h5.dion.ne.jp/~sa-chan/index.htm

写真上の「Japanese」をクリックすると、情報ページへ移ります。
紹介した「Gift」についての詳細はもとより、コンサート情報などもご覧いただけます。
また、公式ブログもとても興味深い話題が満載です。
[PR]
by yuko_kodama | 2010-04-22 11:45 | ギター音楽の話

懐かしい声

先日、以前に横浜の教室に通ってくださっていた生徒さんに、ちょっとした用事ができてお電話を差し上げました。毎週レッスンでお会いしていた時と変わらない、懐かしいお声に、メールやお手紙もいいけれど、電話もなかなか捨てたものじゃないと思いました。

その方は、退職されてから初めてギターを習うというので、私のところへいらしたのです。お世辞にも若いとは言えません。けれども、とても真面目で練習熱心です。ゆっくりと確実に上達し、私も毎回レッスンするのを楽しみにしていました。現在は、私の後を引き継いでくださった吉川久美子先生に習い、トレモロもスムーズになってきたとのこと。「いつかは『アランブラの思い出』を弾きます」とおっしゃるので、私は本当に感激しました。

私はギター教室を始めるにあたり、「音楽と縁のなかった方が、音楽のある生活を楽しめるようにお手伝いをしたい」と考えていました。プロ志望の若者や、将来有望な子供たちが習いに来てくれたらとてもいいけれど、生活に追われる主婦や、退職して時間のある人たちが、「何かやりたい」と思ったときに、それぞれのペースに合わせて、無理なく、そして飽きさせず、音楽の魅力(ひいてはギターの魅力)を伝えていくことも、大切にしたいと考えていたのです。ですから、こうして実際に一人の方が、それまで縁のなかったギターの世界に入り込み、しっかりとご自分のものにされていることが、本当に嬉しいのです。

日本を離れ、教える仕事も離れ、ギターをさわる時間もなかなか満足にとれない今、またギターを教える仕事に戻れるのか、私には自信がありませんでした。けれども、こうして私のもとから、ギターの世界へと足を踏み入れてくださった方がいたことを、私は誇りに思います。このことを忘れずに、いつかまたギター教師に戻れるよう、日々を大切に過ごしたいと思います。
[PR]
by yuko_kodama | 2010-04-18 11:24 | その他の話