<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ジャパンデー後日談

昨日は、先日のジャパンデーで素晴らしい演奏を披露してくれた村治奏一さんのミニコンサートのレポートを書いたのですが、今日はその後日談。

ニューヨークでは、在ニューヨークの日本人及び日系人向けに数種類のフリーペーパーが発行されていて、現地のニュースやイベント情報、そしてもちろん日本発のニュースも読むことが出来ます。数日前に発行されたものを今日読んでいたら、ジャパンデーの記事が出ていたので、コンサートのことも何か書いてあるかな?などと楽しみにしながら読んでいました。

ところが!!
残念なことに、村治奏一さんのことには一言も触れられていませんでした・・・。もちろん、イベント全体のことを書いた記事なので、細かいところまで逐一詳しく書くことは不可能でしょうが、他にコンサートの部で演奏したJ-POPシンガーの川嶋あいさんやオレンジ・ペコーについては結構詳しい紹介がされていたので、知名度の差を感じてしまいます。日本のクラシックギター界(もしかしたらクラシック音楽界全体でも)においては、知らない者はいないほどの超有名人だというのに・・・。

それはともかく、記事によればイベントの来場者はのべ4万5千人にものぼったとのこと。そのうち何人がギター演奏を聴いていたかは分かりませんが、こんな大きな場で演奏する機会は、いくら村治さんといえども、そうそうあるものではないでしょうね。
演奏素晴らしかったです。お疲れさまでした。
[PR]
by yuko_kodama | 2009-06-07 12:25 | その他の話

ジャパンデー@セントラルパーク~村治奏一ミニコンサート

5月最後の日曜日、ニューヨークのセントラルパークでは「ジャパンデー」というイベントが開催されました。在ニューヨークの日本人向けイベントなのか、ニューヨーカーに「ジャパン」をアピールするイベントなのか・・・いまいち分からないのですが、会場は日本人はもちろん、現地の人たちもたくさん来場して大賑わいでした。

会場のメインステージでは、午前中から沖縄の三線音楽や現地の日系人会の女声合唱団の演奏、ちんどん屋さんのパフォーマンスなどが次々と上演され、お昼には空手や盆踊り、みこしかつぎなど、日本の伝統文化が紹介されました。

そして午後はコンサートの部。数組のゲストのトップをきって演奏したのがクラシックギタリストの村治奏一さんです。私は彼の演奏を10年くらい前に一度聴いたきりで、あとはテレビなどで見るだけだったので、久しぶりの生演奏を楽しみにしていました。それに、セントラルパーク内の広い芝生広場という、クラシックギターにはまるで相応しくない場所で、しかも会場内にいる不特定多数の人(おそらく数千人?)に向けて、一体どのように演奏するのかというところに興味もありました。

会場はオープンエアなので、もちろんアンプをとおして大きなスピーカーから出力しているのですが、さすがにクラシックギターの音は小さい!午前中のちんどん屋さんや合唱は、芝生広場の奥の木陰からでも十分に聞けたのですが、よ~く耳を澄まさないと何の曲を演奏しているかさえ分からないほどの音量です。仕方なく炎天下のステージ前に出て行くと、ステージ前では数十人の聴衆がすでに、ギターの音色に耳を傾けていました。
そうか!どんなに会場が広くても、何千人という人がガヤガヤ遊んでいても、こうしてきちんと聴いてくださる人が一人でもいれば、その人に向けて演奏すればよいのですね。

最初に演奏していた曲は、ジョビンの「フェリシダージ」でした。私は九州で活躍するギタリスト池田慎司氏の演奏で親しんでいるのですが(CD「ブラジルの水彩画」に収録)、池田氏の陰影の濃い演奏とはまた一味違った、折り目正しいクールな演奏という印象でした。次に、武満徹編曲の「オーバー・ザ・レインボウ」。イベント演奏ではこうした、誰もが知っている曲は欠かせないものですが、武満編は実に演奏が難しい・・・。その難しさを微塵も感じさせずに、武満編ならではの素敵な響きを存分に楽しませてくれたのは「さすが」です。そして最後にはお決まりのディアンス、リブラ・ソナチネより「フォーコ」!クラシックギターに馴染みのない人の耳目を惹きつけるのに、これに勝る曲はないのでは?と思わせる、完璧な演奏。以前にテレビでこの曲の演奏を目にしたときには、「目にした」という文字通り、正確な手の動き、その完璧なテクニックにばかり目がいってしまったのですが、今回は音楽的に伝わってくるものが多く、あらためてこの曲の構成の美しさや面白さを音楽として楽しむことができました。ほこりっぽい炎天下のステージ前で熱心に聴いていた聴衆も、彼の素晴らしい演奏に大きな拍手をおくっていました。
ほんの15分くらいの短いステージでしたが、十分に音楽を堪能できた楽しいひとときでした。
[PR]
by yuko_kodama | 2009-06-06 12:36 | ギター音楽の話