<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ついでに右手も

先日、左手親指の話をアップしたので、ついでに右手についても書こうかと思いまして・・・。

生徒さんにレッスンしていた頃、「左手99%、右手1%」(ちょっと大げさでしょうか)くらいの割合で注意を払って演奏している人がほとんどでした。確かに、特にギターを始めたばかりの人にとってまず難しいのは左手の押弦です。でも、単旋律が弾けるようになって、2和音、3和音、4和音とすすみ、アルペジオを弾くようになると、右手もかなり高度なことをやっています。中・上級になって、曲中に速いスケールが出てきたり、トレモロを弾いたりするようになれば尚更です。

というわけで、私は曲を練習するときに、「難しい」と思う箇所=弾きにくい箇所は、必ず右手と左手それぞれの問題点を探るように気をつけています。左手の押さえが難しいと思っていた箇所が、実は右手の運指が決まっていないためにうまく弾けなかった・・・ということは、良くあることです。特に初心者の生徒さん、いつも間違えてしまう場所では、ぜひ右手にも注意を向けてみてくださいね。
中級くらいになると、指がもっと早く動けばいいのに・・・と思うことも多いですよね。速いスケールでは、右手と左手の協調性が最も大切です。指が早く動かないからと諦めるのではなく、右手と左手が同時に動くように意識して練習するようにします。もちろん、右の指が弦を移る際に逆指にならないような運指を考えることも大切です。スケールの中にスラー(リガード)が入っている場合、無意識に同じ指で次の音を弾いてしまう人も多いですが、楽譜をしっかり見ながら、きちんと右指が交互に出るような運指を考えます。右手と左手のタイミングが合えば、音がきれいにつながってレガートで弾けますから、同じ速度で弾いてもずっと滑らかに聞えます。

さて、私が今いちばん右手について考えながら練習しているのがアルペジオ。速度をあげるために、色々と試しています。少し前の現代ギター誌で、井桁典子先生が紹介されていた「アンドーヴァーレッスン」のアルペジオについての記事も大変参考になりました。指の動かし方、右手全体のバランス、右手を支える腕(首・肩)、そして背中から足まで・・・意識を体に集中して練習しています。右手に意識を集中したいので、弾きなれた曲の中に出てくるアルペジオ部分だけを取り出したり、簡単な練習曲を弾いたり、左手にあまり負担のない方法を選んでいます。

弾きたい曲はたくさんありますが、大曲に取り組むような練習時間の取れない今、細切れの時間でもできるこうした地味な練習を続けています。頑張って根を張り水をやって、いつか花を咲かせたいものです。
[PR]
by yuko_kodama | 2009-04-22 10:31 | ギター音楽の話

左手親指

先日、ふとした拍子に左手の親指を痛めてしまいました。軽い突き指のような感じで、2~3日で何事もなく治りましたが、その2~3日の間、普段いかに親指の存在を意識していないかということを実感。自分では親指を使っているという意識がないのに、「手を使うということは親指を使うということ」と言ってもよいほど、何をするにも軽い痛みがともないます。

もちろん、ギターを弾いていても左手の親指が軽く痛みます。普段、無意識に力を入れすぎていたことを、突き指のおかげではっきりと認識。最適な力加減を考える、良い練習機会になりました。

ギターを弾くとき、左手は、指板を押さえる4本の指のことばかり考えて、その4本の指を指板の裏で支えている親指の存在を忘れがちです。生徒さんを教えていても、押さえる指ばかりに意識が向いているために、親指の位置が下がって左手首を前に突き出してしまったり、親指に力が入りすぎてポジションの移動がうまくいかなかったりするケースがよく見受けられました。もちろん、自分もつい、そうした状態になっていることがあります。

演奏上難しい箇所を練習する場合、左手は特に4本の指の使い方ばかりに意識が向きやすいですが、親指も含めた「左手全体」、もっというならば「左腕全体」を意識して見直さなければ、解決しません。(そして本当は、体全体のバランスを見直さなければいけないのですが。)
その箇所を押さえるのに最適な親指の位置はどこか、最適な親指の力加減はどれくらいか、ポジションを移動する場合、どのタイミングで親指を移動するか、または移動しないか・・・

何度練習してもうまくいかない部分、ぜひ左手親指の使い方も見直してみたいと思います。
[PR]
by yuko_kodama | 2009-04-18 10:11 | ギター音楽の話

こつこつ

「毎日コツコツ」というのが苦手です。このブログを継続してお読みの方はよくご存知だと思いますが・・・。

ブログも本当は毎日少しづつでもコツコツ書いて、マメに更新していくのがベストですよね。でも私は書き始めると「どわ~~~」と書いてしまって止まらないので、文章がとっても長くなります。そして時間がかかる。だから、時間がないな、と思うときには書けない。というわけで、忙しくなるたびに更新が滞り、「ここのブログってまだやっってるの??」みたいに思われてしまうのです。

ギターも習い始めた頃は全く同じで、練習を始めると1~2時間は止まらなくなってしまうので、忙しいなと思うときは練習しない、なんていう不真面目な生徒でした。その代わり、弾き始めると猛烈に練習してしまうので、週によってものすごくよく弾けてたり、全然弾けなかったり、先生もあきれていらしたことでしょう。先生には「毎日15分でよいから基礎練習だけでもやりなさい」と言われていましたが、ギターを買いかえて本気で勉強を始めるまで、とうとうそのままでした。

立場が変わって生徒を教えるようになり、「毎日コツコツ」の大切さが身にしみて分かるようになりました。コツコツ練習してくる生徒さんは、本当に目に見えて上手になっていきます。もちろん、先生の言うことをしっかり聞いて、言われたことを理解したうえで練習すればです。先生の言ったことと違うことをトンチンカンに毎日練習していても、それは「毎日コツコツ」とはまた別のことです。

あらためて実感した「毎日コツコツ」の大切さ。ブログはともかく、ギター練習のほうはしっかり継続していきたいと思っています。
[PR]
by yuko_kodama | 2009-04-01 04:22 | その他の話