<   2006年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

手塚健旨&高木洋子~ ピアノとギターのリサイタル

2006年5月26日(金)、横浜市の栄区民センター「リリス」ホールにて行われた、手塚健旨(g)と高木洋子(pf)のリサイタルへ足を運びました。

二人は、4月から5月初旬にかけてのスペインでの演奏旅行を成功させてきたばかりです。疲れはあったでしょうが、数多くの舞台をとおして磨き上げられた演奏を、日本のファンの前で余すところなく披露してくれました。
この二人の独自のレパートリーは、スペイン音楽と日本音楽をほどよくミックスした、聴きやすくも奥深いプログラム。今回初めて耳にする曲もありましたが、どれも澄みきったギターとピアノの音色で、情熱的に演奏されました。

プログラム最初はピアノとギターで、日本もの。
「竹取物語」は、ピアノ伴奏によるヴァイオリン独奏曲を、ギターとピアノ用にアレンジしたもの。プログラムの幕開けに相応しい、聞きやすくてさわやかなメロディが印象的でした。続いて演奏された「日本民謡メドレー」は、ソーラン節、相馬節、八木節の三つの日本民謡を、江部賢一がギター三重奏用として、メドレーに編曲したものです。ここではピアノとギターに再アレンジして演奏。八木節では、ピアノの高木が拍子木を打ちながら伴奏するシーンもあり、耳も目も楽しめる1曲でした。ディアベリの「華麗なる大ソナタ」は、ピアノとギターの音量のバランスも良く、その名にふさわしい「華麗な」演奏が聴かれたと思います。

前半最後は、手塚のギターソロで、E.サインス・デ・ラ・マーサの「暁の鐘」「ハバネラ」に、作者不明の「ムーアとジプシー」。
手塚のタッチは鋭く、ギター本来の音色にこだわり続ける姿勢がよく表れていました。愛器アルカンヘルは、この要求に存分に応えて、ちょっとしたタッチの変化にも敏感に反応し、他の人には添えられない独特のニュアンスを生み出していたと思います。「ムーアとジプシー」では、それらの要素と、スペインを知り尽くした手塚ならではの「らしさ」が発揮された、素晴らしい演奏が聴かれました。

プログラム後半は、高木のピアノソロからスタート。
先ほどギターソロで演奏されたE.サインス・デ・ラ・マーサの兄であるレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサの作品を、彼女自身がピアノに編曲して演奏。「牧歌」「エチュード イ短調」は、レヒーノの代表的な作品ですが、小品でありながら大変な難曲で、ギターで弾かれる機会はないに等しいのが現状です。そうした中で、名曲を幅広く届けてくれるこうしたアイディアは、非常に歓迎されるべきものでしょう。
逆に、アルベニスの「朱色の塔」は、ギター愛好家ならば、ピアノ曲であるにもかかわらず、ギターで聴く機会のほうが圧倒的に多いと思います。今回の演奏に触れて、ギター演奏とはまた一味違う華麗さと色彩感を味わい、感動を新たにしました。

最後に再びデュオで、バカリッセのコンチェルトより「ロマンセとロンド」、F.クエンカの「鎌倉」のふたつの大曲が演奏されました。
バカリッセのコンチェルトも、演奏機会が限られた名曲。特に、ヴィルトゥオージティ溢れる作品群の中にあって、非常に感動的なメロディを配した「ロマンセ」は、私の大のお気に入りです。手塚の揺るぎない透きとおった音色が、曲の雰囲気にぴったり合っていました。
「鎌倉」は、F.クエンカが日本を訪れた折に、桜満開の鎌倉でインスピレーションを得て作曲されたもので、友人でもある手塚と高木に献呈されています。二人は、この日本風ともスペイン風ともいえる不思議な雰囲気の曲を、しっかりと手のうちにおさめており、リサイタルの最後を飾るに相応しい華のある演奏となっていました。

アンコールは、スペイン民謡「エル・ビート」と、ロドリーゴの「アランフェス協奏曲」から第2楽章が演奏されました。
こうした興味深いプログラムを組めるのも、スペインを始めとする各国での音楽祭に出演する二人ならではです。今後も、定期的なリサイタルの開催を期待したいと思います。
(敬称略)

手塚健旨・高木洋子 ギター&ピアノ リサイタル
2006年5月26日(金)
横浜市 栄区民文化センター リリス

♪program
・竹取物語 (貴志康一~手塚編)
・日本民謡メドレー (江部賢一編)
・華麗なる大ソナタ (A.ディアベリ)
・暁の鐘(E.サインス・デ・ラ・マーサ)
・ハバネラ (E.サインス・デ・ラ・マーサ)
・ムーアとジプシー (作者不明)
・牧歌/エチュード イ短調 (R.サインス・デ・ラ・マーサ)
・朱色の塔 (I.アルベニス)
・ロマンセとロンド (S.バカリッセ)
・Kamakura 鎌倉 (F.クエンカ)
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-30 17:58 | ライブ、コンサートの話

BACK IN TOWN ランチライブ

今日は月に1度のランチライブ。

ランチライブの日は、11時から簡単なリハーサル。マイクやライティングを調整してもらい、その後お店で美味しいランチをいただきます。今日は、「バジルとモツァレラチーズのフレッシュトマトスパゲティ」(だったかな?)をチョイス。おなかいっぱいで控え室へあがり、リラックスしながらウォーミングアップ。演奏が始まるのは13時です。

知人が多く来てくれた先月のライブに比べ、今日は一般のサラリーマン比率が高かった感じ。聴きやすい映画音楽から初めて、最後はリズミックな南米ものを演奏しました。聴きに来てくださった数人のお客さまのおかげで、随時拍手もあり、知らない方々も耳を傾けてくれた様子でした。
こういう日には、演奏している曲に対する一般的な反応が面白い。「ラグリマ」(タレガ)なんかは、聴きやすいだろうと思って演奏しているのですが、そうでもない様子。逆に、超マニアックだと思っていた「アルゼンチン・サンバ」(チェルビート)は、意外とウケがいい。
最近、こうしたことを観察しながら演奏できるようになってきました。

今日のプログラムは以下のとおりです。
次回は6月下旬の予定。日程が決まり次第、こちらのページでご案内しますので、ぜひお越しください!

♪Program
・いつも何度でも ~映画「千と千尋の神隠し」テーマ (木村 弓)
・愛のロマンス ~映画「禁じられた遊び」テーマ (作者不詳)
・ラグリマ (F.タレガ)
・アルハンブラの想い出 (F.タレガ)
・ファンタジー (S.L.ヴァイス)
・ショーロス第1番 (H.ヴィラ=ロボス)
・フーリア・フロリーダ (A.バリオス)
・アルゼンチン・サンバ (M.A.チェルビート)
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-24 21:10 | ライブ、コンサートの話

6月の演奏会に向けて

6月24日(土)に、アランフェスギターサークルが主催してくださる「女流ギタリストと過ごす午後」という演奏会で、30分ほど演奏をする予定です。

このほど演奏曲目を決定し、主催者側へ連絡を入れました。メインゲストに西本悦子先生が加わってくださるほかは、昨年12月に「女流ギタリストの夕べ」でご一緒したメンバーで、会場も同じ大倉山記念館ホール。シリーズ演奏会のような感じ?と勝手に盛り上がって、リピーターを意識し、前回と1曲もかぶらないように選曲をしました。他の出演者の演奏曲目も、追ってアランフェスギターサークルのHPにて紹介されると思いますが、ここでは一足お先に、私のプログラムを紹介します。

・ロートレック讃歌/暁の鐘/ハバネラ (E.S.デ・ラ・マーサ)
・ショーロス第1番/マズルカ・ショーロ (H.ヴィラ=ロボス)
・アルゼンチン・サンバ (M.A.チェルビート)

前回はタレガやソル、バリオスの、一般的にも演奏頻度の高い曲を中心にプログラムを組んだのですが、今回はかなりマイナーな路線。でも、私にとってはどれも愛着のある大好きな曲ばかりです。

まず、E.S.デ・ラ・マーサの作品から3曲。
「ロートレック讃歌」や「ハバネラ」は、ランチライブなどでも何度も演奏している、いわば“持ちネタ”。「暁の鐘」は、ここ最近力をいれて練習しているうちの1曲で、トレモロの佳品です。
一般のギター愛好者にはあまり弾かれないこれらの名曲を、この機会に聴いて頂きたいと思って選曲しました。

次に、ブラジルの生んだ天才作曲家ヴィラ=ロボスの作品から、親しみやすい2曲を。
どちらも今年に入ってから練習を始めた、私にとっては付き合いの浅い曲。「マズルカ・ショーロ」は以前少し弾いたことがあったのですが、そのときは全く好きになれない曲だった。それが、今あらためて楽譜を前にすると、ウソのように素敵な歌が流れてくるのを感じます。曲の「好き・嫌い」も、自分の成長(?)に合わせて変わっていくものだ、と思う1曲。

最後に、これを知っている人は相当なツウじゃないか、と思う、チェルビートの「アルゼンチン・サンバ」。正確には、「アルゼンチン組曲」の中の1曲、「サンバ」です。
サンバといっても、ブラジル音楽のサンバ(Samba)とは全く違う、アルゼンチンのフォルクローレで、つづりはZamba。この曲の録音としては、イエペスが組曲全曲を演奏しているCDを持っています。非常に現代的な手法を用いて作曲するチェルビートの作品の中にあって、ひときわ親しみやすいのがこの「Zamba」。あと1ヶ月で、プログラムのトリに持ってくるに相応しい“華”のある演奏に仕上がるか、が目下の課題です。

以上並べてみましたが、もしかして、分かる方には分かるかも・・・・。
実は、これらの作品はどれも、私の師事する手塚健旨先生の愛奏曲ばかりなのです。
まだ、とてもとても師匠の演奏には及びませんが、たくさんの方に聴いてもらえる今回のような機会に、あまり演奏頻度の高くない(と思われる)これらの曲を演奏することで、ギターのレパートリーの奥深さを伝えられたらいいな、と思っています。

というわけで、6月24日はぜひ会場へ足をお運びください!
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-17 10:56 | ギター音楽の話

「からだのこと」受講後の初レッスン

GWが明けました。私は、一足早く5月7日(日)からレッスン再開です。

5月1日に青葉台の井桁典子先生のもとで行われた「からだ」に関する講習会へ出席後、初めてのレッスン。演奏法としてはこれまでと同じことを指導しているのですが、言葉遣いや「からだ」の使い方については、講習で勉強した知識を総動員してのレッスンとなりました。
そこで、言葉の威力について実感!今まで、私のイメージを伝えるのに、いかに正しい言葉が使われていなかったかを思い知りました。ちょっとした知識の支えと言葉の使い方で、面白いように私のイメージどおりの「動き」が生徒さんに伝わるのです。
今まで、レッスンでは申し訳ないことをしてたな~という思いと、これからもっともっとこうした知識や経験を自分のものとしてレッスンで伝えていきたい、という思いが、湧き上がりました。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-09 21:21 | ギター教室の話

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャオン2006

何度か話題にしている、フランス発の音楽祭。2回目の今年は「モーツァルトと仲間たち」をテーマに、5月3日~6日までの4日間、東京有楽町の国際フォーラムにて催されました。

結局は事前のチケット購入をしないまま最終日になりましたが、やはりどうしても行きたくなり、前夜にインターネットで残席のあるチケットを検索。5000人収容のホールでの、「ニ短調ミサ曲」のチケットをゲットして、最終日の5月6日、会場へと足を運びました。

実は、合唱付のオーケストラ曲を生で鑑賞するのは初めての経験。しかも、会場は5000人収容という、通常の音楽会の規模としては考えられない巨大ホールです。音響などに不安はありましたが、2000円というチケット代を考えれば、「聞えなくても、まぁ雰囲気が味わえればいいか」という気分にもなります。

実際に演奏が始まると、意外にもしっかりと響いてくるオーケストラ。合唱が重なると、巨大なホールとは思えない迫力です。モーツァルトは、今までピアノ曲や、協奏曲、交響曲などの有名な曲を中心に聴いてきましたが、宗教曲はあまり聴いたことがありませんでした。モーツァルトらしい優美な旋律と、バッハの時代からそのままつながっているような重厚な音楽が、1曲のミサ曲の中で溶け合っていることを新鮮に発見。さらに、人の声の美しさと力強さを再認識させられました。
(普段、生活の中で聴く音楽が器楽曲に偏りがちだな。声楽も聴くようにしよう・・・・。)

このコンサートは2歳以下の子供の入場を禁じていますが、逆に言えば3歳以上は入場できます。小さな子供たちがたくさん入場していたのも印象的でした。
一般的には、就学前の子供の入場は断られることが多いクラシックのコンサート。子供に広く音楽を開放しているのも、この音楽祭の特徴です。0歳から入場できるコンサートも、各日数回づつ用意されていました。
子供がいると、うるさくしたり、会場を動き回ったりするのではないかという心配もありました。実際は、コンサートが始まってしまうと、子供の発声が2,3回あったものの、実に静かで、普通のコンサートと変わりない様子でした。私の座席の前列では、5歳くらいと思える子供連れの家族が鑑賞していましたが、子供は父親の膝の上で、最初は身を乗り出すようにして真剣に聴いている(見ている)様子でした。そして、そのうちに、おとなしく眠ってしまいました。
こんな小さなうちから、一流の音楽に生で接する機会をもらえて、幸せな子供たちです。こうした企画が年に一度あるだけでも、小さな子供を持つ音楽好きな家族にとっては大きな変化だろうと思いました。

来年は、「国民学派」をテーマに企画が固まりつつあるということです。今後、この音楽祭の一層の発展を、心から応援したいと思います。

♪ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン~「熱狂の日」音楽祭2006
・レクイエム ニ短調 K.626 (モーツァルト)
指揮 井上道義
演奏 東京都交響楽団
ヨハネッテ・ゾマー(ソプラノ)、ブリッタ・シュヴァルツ(アルト)、
マルクス・シェーファー(テノール)、ユベール・クレサン(バス)
合唱 ビルバオ合唱団
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-08 00:06 | ライブ、コンサートの話

山形宣之&椎野みち子 ジョイントライブ

GWも終わりが見えてきましたね。

今日は、下赤塚駅そばの「カフェ・ラルゴ」という喫茶店でのジョイントライブへ足を運び、午後のひとときを楽しんできました。出演は、「プリンセスピンク」さんこと椎野みち子さんと、「オケラ」さんこと山形宣之さん。昨年末の「女流ギタリストの夕べ」でご一緒した椎野さんにお誘いを頂いたものです。

冒頭のオケラさんの紹介によれば、お二人とも20~30年のブランクを経てギターを再開されたとのことですが、再開から間もないとは信じられない演奏ぶりです。お二人とも南米の曲がお好きなようで、プログラムには純クラシックからサンバの名曲まで、幅広い南米ものがズラリ。ギター好きからそうでない人まで、誰でも楽しめる選曲で、とても好感が持てました。お二人それぞれに、たっぷり思いをこめた「熱い」演奏ぶりが印象的。

私はといえば、演奏はもちろんですが、先日受講した「からだ」のことで頭がいっぱいの毎日。今日も、演奏するお二人の姿勢や腕、手、指の使い方などが気になって、気になって・・・・。上手な人は、やはり体の使い方に無理がないもんだ、と、すっかり納得です。

椎野さんとは、6月24日の「女流ギタリストと過ごす午後」という企画で、またご一緒する予定。お互いに刺激を与え合える仲間になれたらなと思います。

♪Program
(山形ソロ)
・一つのワルツ、そして二つの愛/もしも彼女がたずねたら (レイス)
・マリア・カロリーナ (ラウロ)
・もうこれ以上に君を愛させないで (ソホ)
(椎野ソロ)
・プレリュード第1番/プレリュード第4番/エチュード第11番 (ヴィラ=ロボス)
・アストゥリアス (アルベニス)
(山形ソロ)
・優しさを込めて (ガンジ)
・ノボー・ラグ (ブランド)
・ブラジル舞曲 (モレル)
・森に夢見る (バリオス)
(椎野ソロ)
・バーデンジャズ組曲 (イルマル)
・ソナタ第3番より第1・2楽章 (ポンセ)
・リブラソナチネより第2・3楽章 (ディアンス)
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-05 21:52 | ライブ、コンサートの話

今日は1日モーツァルト三昧

NHK-FMの特別番組。NHKのスタジオからの放送と、“熱狂の日音楽祭”をやっている東京国際フォーラムからの中継を組み合わせて、本日13時から今夜25時までの12時間放送のようです。

たった今、国際フォーラムからの最後の生中継が終了しました。私はもちろん、1日聴いていたわけではないのですが、忙しかった間の新聞をまとめ読みしたり、家族とお喋りをしたりしている間、今日はずっとモーツァルトがBGMでした。昔、ピアノを習っていた頃に練習したソナタが流れたりすると、「今、もしピアノが弾けたら、あの頃よりずっと楽しく、ずっと美しく音楽的に弾けるだろうなぁ・・・」なんて思ったりします。
小さい頃って、先生に言われたとおりに表情をつけて弾いても、なぜそういうふうに弾くのかなんて、ちっとも分かっていなかった。そして、その音楽の持つ美しさも、それを考えて見つけ、表現する楽しみも、全く知らなかった。それでも、音楽が好きでピアノを弾いていたのだから、今から思うと不思議です。

国際フォーラムでの音楽祭は、昨日から始まって明後日6日に閉幕します。結局まだ出掛けずじまい。でも、最終日は予定がないので、何かチケットの余っている公演があったら聴きに行こうかしら?ただ遊びにいくだけでもいいかもしれない。
ラジオの生中継で紹介される会場の熱気を感じながら、まだ出掛けていないことがとても残念に思われました。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-04 22:56 | メディア(番組・記事)紹介

音楽家ならだれでも知っておきたいからだのこと

d0030554_2335363.jpg今日私は、「音楽家ならだれでも知っておきたいからだのこと」6時間講習(アンドーヴァーコース)という、題名を聞いただけでは「?」な感じの講習会へ出席してきました。講師は、青葉台(横浜市)を拠点にご活躍で、たくさんの生徒さんから慕われている井桁典子先生。(興味のある方は、ホームページで今日の講習会の概要が見られます。「音楽家ならだれでも知っておきたいからだのこと」

今回、この講習会への出席を考えた理由は、だいたい以下のようなものです。
1.ギターを弾いていて体に痛みがあること。具体的に言うと、左手人差し指の付け根です。他にも慢性的に肩こり、首こりもあるので、これは体の使い方に問題があるに違いないと、以前から思っていました。
2.今回のコースが「ギター指導者のための」講習会だったこと。私のところには、初心者の生徒さんも多くやってきます。私が初めてギターを手ほどきする人に、どれだけ正しい体の使い方を教えているのか、教えられるのか、というところに大変興味がありました。
3.このブログでもたびたび紹介している富川氏から、アレクサンダー・テクニークの効果について聞いていたこと。今回受講したコースは、アレクサンダー・テクニークではありませんが、その理論を音楽家のために分かりやすく、かつ具体的にして、「からだのこと」について学ぶためのものでした。
4.この講習会と同名の本を以前に購入して読んだのですが(トップの画像は、その本の表紙です。)、読んだだけではさっぱり何も分からなかったので、実際に受講して説明を聞きたいと思いました。

本を読んでから受講したので、けっこう予備知識はあったのですが、「知る」と「実感する」では大違い!!本当にためになった一日でした。例えば、今日、最も衝撃的だったこと。それは、前屈をして床に手がついたことです。
出来る方は「なーんだ」と思うでしょう。でも、私は本当に体が固くて(・・・と思っていた)、前屈で床に手が届くなんて、正直「アリエナイ!」って感じだったんです。それが、先生のおっしゃるとおりにやったら、床に手がついたんですね。もうビックリです。

ギターの演奏に関する細かい内容については、レッスンをとおしてこれから生徒さん方に還元していきたいと思いますが、ここへ書けるほどにはまだ「理解」してないと思うので、これからまた勉強していきたいと思っています。でも、「出来ない」と思っていた前屈がラクに出来たように、これから「からだ」について理解し、実践することで、ギターでも「出来ない」と思っていたことが出来るようになるのではないか、いや、そうに違いない!!みたいな希望が見えて、ワクワクしています。

あと、もうひとつ非常に勉強になったのは、「言葉の使い方」です。私が今までレッスン時に、無意識的に使ってきた「からだ」に関する言葉が、いかに抽象的であったかということを思い知りました。この点については、今後のレッスンですぐにも役に立つと思います。今まで、「こうしてほしい」と思って使っていた言葉が、うまく「からだの動き」を伝える言葉になっていなかったのですね。言葉って難しい。

それにしても、目からウロコ、どころか、目から「垢すり」状態で、ボロボロと「自分の体についての間違った知識」がはがれ落ちました。井桁先生、どうもありがとうございました。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-05-01 23:56 | ギター音楽の話