<   2006年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

面接

今日の午前中、とある音楽教室のギター講師の採用面接を受けてきました。こちらの教室を担当されている富川勝智氏の後任として採用してもらうためです。

面接なんていうのは、本当に久しぶりでした。就職活動以来?イヤ、帰国直後に仕事がなかったころ、ファミレスのバイトの採用面接は受けたなぁ・・・みたいな感じ。すっごく緊張しました。
富川さんは、私の兄弟子にもあたる方ですが、現代ギター誌への執筆や、各地でのコンサートへの出演などにお忙しい、私の尊敬するギタリストの一人です。その富川さんに紹介してもらっているのにソソウがあっては、彼に申し訳ないではありませんか!
・・・というのも、緊張の一因だったような気がしないでもありません。(いえ、富川さんのせいではありません。もちろん。)

面接では、経歴などに関する質問や、仕事の細かい規則などの説明もありましたが、一番緊張したのが「演奏」。面接官二人が目の前に腕組みして座っている前で、何のウォーミングアップもなしに、いきなり演奏です。そりゃもう、駄目に決まってます。アガります。当たり前。

と言いたいところですが、「当たり前」と思ってしまうと駄目ですよね。「当たり前」に思えたときは、どういう条件のときにアガッてしまって当たり前なのか、を探っておくと、ひとつ経験値があがるのではないかと思います。つまり、次に同じ条件で演奏する場合への、心構えを学びたいということです。

今日の場合を自己分析してみると、

①失敗できない、という強い気持ち
・・・・これは、昨日のランチライブの時の緊張と同じ原因ですね。私の場合は、「いつもより上手に」と思ったときに緊張します。

②「専門家」が聴いているというプレッシャー
・・・・これも、要は①と同じところからきていると思いますが、①よりさらに強い緊張に襲われます。コンクールなどでの緊張は、まさしくこれです。

③目の前で聴かれるプレッシャー
・・・・なぜでしょう。一段舞台があれば集中できるのに、フラット床で同じ目線に聴いている人がいると、非常にアガります。

④ウォーミングアップ不足
・・・・状況的には仕方ないわけですが、次回こういうことがあったら、ウォーミングアップなしでも危険なく弾けるような曲を選ぶようにしたいという反省材料。

①は昨日も書いたように、弾いているうちにコントロールできるようになってきましたが、②や③は今のところまだ解決していません。②は、基本は①の解決法と同じだと思うのですが・・・緊張度が高いだけに、解決も難しいです。③は原因不明なだけに、なんとも・・・。ただ、以前は何も分からずに、「緊張した~~」って思っていたのが、「緊張にも原因がある」ということを知って、考えるようになり、色々とプラスになっていることもあります。

発表会など緊張に負けて、思うように演奏ができないことってありますよね。要は「慣れ」なんですが、こうやって、「どうして緊張したのか」を分析して心構えをするだけでも、「慣れ」の効果をぐーんとアップすることが出来ると思います。理由を分析しながら、「緊張する」機会をたくさん経験することで、解決につながっていくのではないかと思います。

面接の話だか、緊張の話だか、わからなくなってしまいましたが、とりあえず無事に「採用」となりました。(ホッ。)今後も、一層頑張りたいと思います。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-26 19:45 | ギター教室の話

4月25日 ランチライブ

今日は、バック・イン・タウンでのランチ・ライブでした。一昨年の12月から毎月1度、ほぼ定期的に出演してきて、お店の雰囲気やステージにもだいぶ慣れていたつもりでしたが、今日は知っている顔がたくさん聴きに来てくださり、少し緊張してしまいました。
友人・知人が来てくださると、つい、「よし、いつもより頑張ろう!いい演奏をしよう!」と思ってしまい、これが緊張の原因なのですね。分かっているのですが、ついサービス精神を発揮して(笑)失敗してしまいます。「分かっているのに」というところが悔しい~。
それでも、何とか集中しなおして、演奏をまとめることが出来たのは良かったです。「緊張しっぱなし」、「失敗だらけ」、で終ることは少なくなってきたと思います。毎月、良いステージ練習をさせていただいて、お店には感謝しています。

今日は、ギターが好きな人が来てくださったこともあり、純クラシック路線の選曲でした。初めてステージで演奏した「暁の鐘」は、こなれるまでもう少し時間が必要になりそうです。またどんどんステージにかけて、練り上げていきたいと思っています。エドゥアルド・サインス・デ・ラ・マーサというスペインの作曲家の作品で、トレモロの佳品ですが、演奏会で取り上げられる機会はそれほど多くない曲だと思います。一時期、村治佳織さんがアンコールピースとしてよく取り上げていました。エドゥアルドの兄で、セゴビアと並ぶ巨匠だったレヒーノ・サインス・デ・ラ・マーサに捧げられています。レヒーノはトレモロの名手であったと聞いています。

以下、本日のプログラムです。
来月は、5月24日(水)に出演予定です。お越しをお待ちしています♪

♪Program
・フーリア・フロリーダ (A.バリオス)
・愛のロマンス~「禁じられた遊び」のテーマ (作者不詳)
・アルハンブラの想い出/アラビア風奇想曲 (F.ターレガ)
・ファンタジー (L.ヴァイス)
・暁の鐘/ロートレック讃歌 (E.サインス・デ・ラ・マーサ)
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-25 23:01 | ライブ、コンサートの話

クエンカ兄弟 ギター&ピアノ リサイタル

私にとって4月上旬の大イベントであったクエンカ兄弟の来日公演。東京近郊の3公演を「追っかけ」た感想をレポートします。

レポートする公演は以下のとおり。
・4月6日 横浜 杉田劇場 *高木洋子(Pf)、手塚健旨(G)
・4月7日 埼玉 朝霞市民会館 *安藤初代(G)
・4月15日 東京 太田区民プラザ *手塚健旨(G)、ギターアンサンブル“カンパニージャ”
(*は共演、敬称略)

ギターとピアノの重奏というと、まず問題になるのが音量差。このバランスの難しさゆえに、まだまだ一般的には演奏機会の少ないこの分野ですが、ここさえ克服できれば、お互いに旋律、伴奏を行き来できるこの組み合わせは、いわば無敵の好相性。そこで注目されるのが、兄ホセ・マヌエルの奏でるピアノの、抜群の音量コントロールです。

東京公演で演奏されたバッハの「無伴奏ヴァイオリンソナタ」よりのアンダンテとアレグロでは、シューマンによるピアノ伴奏パートでギターをサポート。ほとんど聞こえないほどの弱音ながら、ふくよかな和声をプラスし、従来のギターソロの演奏とは一味違った洒落た響きを演出しました。
この曲は、埼玉公演の際のリハーサルで、特別に舞台上で聴く機会を得ました。そばで聞いていてもギターと同じかそれ以下という音の小ささに驚いて、ピアノの中をのぞきこむと、ハンマーが弦に「ふゎっ」「こつん」と当たっています。鍵盤を押す力加減とスピードが、ものすごく細かいところまでコントロールされているのでしょう。驚きです。
それと同時に、響きの良いフォルティシモも素晴らしい。まるでアンダルシアの空のように、どこまでも澄んだ美しい響きで、前述のピアニシモからは想像もできないようなフォルティシモが奏でられるのです。3公演いずれでも演奏された「粉屋の踊り」(ファリャ~バレエ音楽「三角帽子」より)や「アランフェス協奏曲」(ロドリーゴ)では、オーケストラパートを担う彼のピアノが旋律を奏でるときの、そのスケールの大きさに圧倒されます。

もちろん、素晴らしいのはピアノだけでなくギターも同じ。濁りのない音色であることはもちろん、相当の音量がなければピアノと対等に会話をすることは不可能です。その点、弟フランシスコのテクニックは申し分なし。少しブリッジ寄りの硬質な音色を多用してメロディを際立たせ、自由自在なラスゲアードはピアノをしのぐ迫力。さらに、時折聞かれるハーモニクスの音の美しさといったら!「一点の曇りもない」というのは、こういうことを言うのだと思いました。
フランシスコ作曲の「アビラ」は、こうした点が最も生きる1曲。さすがに自作自演だけあります。ピアノとギターが絡み合う不思議なメロディを聴きすすむうちに、しまいには、今聞いた音がピアノなのかギターなのか分からなくなるほどの一体感を味わいました。

何よりも素晴らしいのは、二人にとって今書いたようなテクニックは意識されるべきことではなく、その場の音楽の情景、情感に集中できるということです。同じ曲を演奏しても、日によって雰囲気が違って聞こえるのはその表れでしょう。「アランフェス」は15日の東京公演が、3公演中では最も感情的にのっているように聴きました。

ここまでギター&ピアノを極めてしまったせいなのか、少し物足りなく聞こえてしまうのがフランシスコのギターソロ。ピアノと合わせるときには美しく聞こえる硬質な音色も、ギターソロでは少し味気なく響いてしまう箇所があったり、横浜公演での「アランブラの想い出」(ターレガ)などは、もう少し情感豊かに聴きたいところを割とあっさり演奏するので拍子抜け。
逆に、埼玉公演での「セビーリャ幻想曲」(トゥリーナ)は、颯爽とした音色と、軽やかかつ表情豊かなラスゲアードで一気に聴かせて圧巻でした。こういう曲が合っているのかな。

以上、主な演奏曲目についての、個人的な感想でした。
この二人の演奏は、CDももちろん良いのですが、生演奏に接してみなければ分からない部分が多いと思います。CDでは、ピアノとギターの距離感が、なんとなく生演奏より遠く感じられるのです。この絶妙な一体感を味わうには、やはり会場で、目の前で聞くのが一番。
次回の来日は2008年の予定とのことです。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-20 12:56 | ライブ、コンサートの話

シューベルトの未完成

先だって「禁じられた遊び」のDVDを貸してくれた映画が大好きなNさん。この前のレッスンでは、「未完成交響楽」という映画の話題が出ました。この映画、私は見たことがありませんが、書物の中ではたびたび遭遇する名画で、あらすじは知っています。青年シューベルトの身分違いの恋を、「未完成」の作曲とからめてロマンチックに描いた映画。指揮者の岩城宏之氏は、自著「楽譜の風景」(岩波新書)の中で、音楽家を志したきっかけのひとつとして、この映画と、「オーケストラの少女」という映画をあげています。

映画に感動した人には申し訳ないけれど、このストーリーが全くのフィクションであることは知っておいてもいいかもしれません。だからといって映画の価値が変わるものではありませんから。

この曲がシューベルト25歳のときにウィーンで着手されたことは、自筆譜によって明白に記録されていますが、いつ中断されたかは全く不明です。先日、FMでこの曲が放送されたときの吉松隆氏の解説によれば、「この曲の出来を相談するため、シューベルトは完成した1,2楽章を知人に預け、その人が預かったまま忘れてしまったため、シューベルトの存命中に続きを書くことがなかった」という説もあるそうです。(NHK-FM「FMシンフォニーアワー」 4/16放送)
一般的には、この2楽章の交響曲はそれだけで非常に強い完結性を備えていて、続きを書くに書けなかったというのが定説です。参考にした解説書を以下に引用しましょう。

この交響曲は第1、第2両楽章だけ完全なスコアになっている。第三楽章スケルツォは、わずか9小節だけがオーケストレートされ、あとの一部分がピアノ曲の形の書きおろしのままになっている。第4楽章のためには下書すらもない。この曲が未完成に終った理由はいろいろあろうが、要するにこの二つの楽章が形式的にも感情的にも互いにしっかりと手を結びあい、それだけで十分に完成したまとまりをもつことになったので、これにどのようなスケルツォやフィナーレをつけても、かえって無用の長物になるということを、天才の直観によって知ったからではないかと思う。この曲は形式上未完成ではあるが、内容的には完成しているといってよいのではなかろうか。 (「最新 名曲解説全集1~交響曲Ⅰ」(音楽之友社)--シューベルトp.336、辻荘一)

ちなみに、前出のFM放送時には「交響曲第7番 “未完成”」となっていて、「あれ?」と思ったところ、最近では研究と整理が進み、シューベルトの交響曲は全部で8曲とされ、これまで第8番として知られた「未完成」は第7番、第9番としてこれまた有名な「グレート」が第8番となっているとのこと。さて何番が落ちたのかというのは、不勉強につき分かりません。
でも、私くらいの世代でもやっぱり「未完成」といえば、イコール「第8番」。この手のことは、馴染むまで時間がかかりますね。

と、色々うんちくを書いてきましたが、映画は見たい。Nさんが貸してくれるという次回のレッスンが待ち遠しい日々です。そして、待ちきれずに日々「未完成」のCDをかけている私。いやー、美しい曲です!
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-20 10:28 | クラシック音楽の話

ぼやき

昨日のレッスン時に、新しい入門希望者の面接が予定されていたのですが、教室に着いてみたらキャンセル・・・・。

これはショック。なぜなら、面接のある日には、レッスンの概要を説明するために教材のサンプル(教本とか、練習曲集とか、曲集とか)なんかを用意したりして、重いかばんを抱えての出勤なのですよ。それに、お化粧なんかもいつもよりちょっと念入りにしたりして、洋服もジャケットなんか着ちゃったりして・・・・(気合入れすぎ!!)

でも、第一印象ってとても大事だと思うのです。だから、初対面の方に会うという日は、少なからず緊張もするし、身だしなみも気をつけるし、説明に不足がないように準備もします。・・・なのにキャンセル!!

こういうことって、初めてではありません。もちろん先方にも事情があったのでしょうが、せめて前日に連絡がほしいなーと思いました。
約束は大切にねっ!(でん子ちゃん風)
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-18 22:36 | ギター教室の話

久々の事務作業

午前中は、久々の事務作業でした。生徒さんから集めた教材費やら道具代やらの精算。4月になり、新しく入った生徒もいれば、新しい教本の勉強を始めた生徒もいて、ここ何回かのレッスンでそれらの代金を集金していたのです。

私はこの仕事を始める以前、(当時は大手といわれた)企業の経理部で働いていました。経理部といっても、現金を扱うわけではなく、もっぱら書類と帳簿の管理をしていたわけですが、入社して4年半、パソコンの使い方から始まり、簿記の基礎的な知識や商取引の仕組みなどを基本から勉強させてもらいました。最終的には、ギタリストを志し、留学するために退職しましたが、その頃には簿記2級の資格も取りました。

こうして代金の精算作業などをエクセルで作表しながら進めていると、当時の会社仕事を思い出したりもします。本当は、そんな遠回りをせずに、早くギタリストを目指して本気で頑張ればよかったと後悔することもあるのですが、こういう作業をしながら、「やっぱり人生に無駄なことなんてないのだな」とも思います。
(別に会社勤めなんてしていなくても、これくらいの作業はちゃっちゃっと進められるのでしょうけどね・・・・)
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-14 11:09 | ギター教室の話

クエンカ兄弟 ギター&ピアノリサイタル

明日4月15日(土)は「華麗なるピアノとギターの饗宴」と題した、クエンカ兄弟のリサイタルが行われます。来日中の彼らは、ピアノ(兄)とギター(弟)の兄弟デュオです。今回の来日ではすでに、横浜、名古屋、東京(現代ギター社GGサロン)、札幌など各地での演奏を終えて、ノリにのった状態での東京公演となります。
私は、このうちの横浜と埼玉での公演に足を運び、素晴らしい演奏に触れてきました。その詳しい感想は、後日、明日の公演と合わせて詳しくレポートしたいと思っていますが、明日の公演をおすすめするに十分すぎるほど魅力的でした。
彼らの演奏の素晴らしさが最も発揮されるのは、やはり生のステージです。ピアノとギターという従来のイメージを全く覆す、その絶妙なボリュームコントロールと豊かな情感。ぜひこの機会に会場へ足を運んでいただければと思います。ご案内まで。

クエンカ兄弟 「華麗なるギターとピアノの饗宴」
4月15日(土) 太田区民プラザ 小ホール

18:20開場 18:45開演
前売 ¥4,000(本日中のご連絡分まで)
当日 ¥4,500
*全席自由

お申込 カンパニージャ
tel 03-3728-4350
e-mail Campanilla777@aol.com
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-14 10:10 | ライブ、コンサートの話

音楽以外のこと

私は現在、カルチャースクールの講師としてギターを教えています。習いにいらっしゃる受講生の方たちの中には、スクール内のほかの講座を受けている方もいます。レッスン中にそうした話に脱線することもあり、私にはそれも楽しみのひとつです。

先日は、色鉛筆画を習っているという生徒さんにお誘いいただいて、桜が満開の横浜へ小さな展覧会を見に行きました。油絵が多い中で、その方の色鉛筆の清楚な絵が数点、飾られていました。見ているうちに、絵も音楽も、結局は自分の持っているものが素直に表れてくるのだ、と実感せずにはいられませんでした。いつもしっかりと練習に取り組み、出した宿題を一生懸命演奏している姿が、その絵に重なりました。しっかりと描かれた色鉛筆の線は、何事にも真剣に取り組んでいる姿勢そのものだと思いました。

それとは別に、久しぶりに絵画を楽しみ、満開の桜の中を散歩して、とても爽やかな一日を過ごすことができました。花を美しいと思う気持ちも、絵画に感動する気持ちも、私の中でまた音楽へと還元できればいいな、と思います。
ギターが上達するためには、もちろんギターの練習をすることが一番ですが、自分の感性を磨いて、上達した技術を音楽的に発揮するだけの下地を用意しておかなくてはいけないな、と実感しました。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-06 12:26 | ギター教室の話

禁じられた遊び

映画「禁じられた遊び」のことです。

告白するのは非常に恥ずかしいことですが、数え切れないほどの回数、この映画のメインテーマである「愛のロマンス」を演奏していながら、実は今まで映画を見たことがありませんでした。それが、とある映画好きの生徒さんから「絶対に見るべきです!すっごくいい映画なんです!」という言葉とともにDVDをお借りする機会に恵まれました。

とっても切ない物語でした。そして、イエペスの奏でるギターの音色は、この切なさにぴったり合っていました。この曲が、映画とともに大ブレークして、一大ギターブームを巻き起こしたのも、理解できました。

今までは、楽譜からこの音楽の風景を考えて演奏していたわけですが、今は映画の場面が影響していると思います。聴衆にとって聞こえ方が変わるかといえば、それは分かりませんが、演奏する私は、今までとは全く違う新鮮な気持ちで、この曲を演奏しています。
[PR]
by yuko_kodama | 2006-04-05 17:02 | ギター音楽の話