カテゴリ:ギター教室の話( 52 )

4月も色々やってます!

ご無沙汰しています。あっという間に4月も半ばを過ぎました。桜も散ってしまいましたね。色々と忙しくしております。

4月2日は、第1日曜日恒例のオリエンタルの練習会。6月のアンサンブル・フェスティバルに向けて、だいぶまとまってきました。いつもどおり、休憩後に少し時間を頂いて基礎講座、今回は「メタリックな音色」の出し方です。毎回

1、10名以上の団員の方全員がすぐに取り組めて
2、効果が分かりやすく
3、すぐにアンサンブルに役立つ

の3点を意識してテーマを選んでいます。自分で言うのはおこがましいですが、結構好評だと思います(笑)。

他には秋以降のコンサートのための練習、リハーサル、事務仕事や打ち合わせもたくさん。。。

しかし、お仕事があるっていいですね。
今年度も頑張ります!









[PR]
by yuko_kodama | 2017-04-16 22:03 | ギター教室の話

アンサンブル「オリエンタル」2月練習会

毎月第一日曜日の午前中は、丸山耕太郎先生の指導するギターアンサンブル「オリエンタル」の練習会に参加しています。

実はこの練習会の折に、アポヤンド奏法についての10分ほどのミニ講座を持たせて頂いています。
前回は、アポヤンドを弾く時に陥りがちな右手のフォームのポイントについて説明し、アルアイレと大きくフォームが変わってはいけないこと、指を曲げてしっかり弦を掴むことなどを皆さんと一緒に確認しました。
今回は、この右手のフォームでしっかりと掴んだ弦をどのように離すか(放すか)という点を、弓矢に例えてお話しました。しっかりと弓に矢をつがえてギリギリまで引き絞ったところで放すーこれがff(フォルテシモ)の原理です。皆さん真剣な眼差しで話を聞いておられました。自分の音が矢となって前へ飛ぶ感じを体感して頂けたかな?
次回の内容もすでに決めてあります。ffときたら決まってます、あれですよ、あれ。ふふふ。

私はやはり、アンサンブルは大好きです。今回もとても楽しい2時間の練習会でした。次回も楽しみです!
[PR]
by yuko_kodama | 2017-02-06 12:17 | ギター教室の話

発表会、無事に終わりました!

d0030554_14424420.jpg


11月23日(水・祝)、尾野桂子先生のお教室との合同発表会が無事に終わりました。
当日はお天気にも恵まれ、素敵なサロンでの温かい発表会となりました。ご家族の方もたくさん聴きにきて下さり、客席はほぼ満席でした。

合同発表会というのは、とてもいい企画でした。普段の自分のレッスンでは取り上げていない素敵な曲を発見したり、こんな教え方いいなあという勉強になったり、受講生の方同士も交流から得られるものがあったのではないかと思います。

自分の生徒さんからは、経験の大切さを感じました。発表会初参加組と経験を重ねた組の違いは歴然。何回か経験を積んだ生徒さんたちは、緊張しながらもきちんと自分らしい演奏が出来ていました。初参加の方、ここでめげずに回数を重ねていってほしいと思います。

今日からまた、次の課題に向かって新たな気持ちでレッスンしていきます。皆さん、来年に向けて頑張りましょう!





[PR]
by yuko_kodama | 2016-11-28 14:28 | ギター教室の話

いよいよ発表会!

d0030554_15564411.jpg


いよいよ3日後にせまってきました、発表会。児玉教室からは5人が出演。本日これから本番前最後のレッスンです。
行ってきます!








[PR]
by yuko_kodama | 2016-11-21 15:54 | ギター教室の話

11月23日、発表会です!

11月23日(水・祝)は、尾野桂子先生のお教室とわが横浜教室の合同発表会です!

今回は、「児玉祐子ギター教室」としては記念すべき第1回の発表会です。
といっても、実は横浜教室の受講生の皆さんは、何度も「発表会」の経験をお持ちです。ただ、私が産休のタイミングであったために他の先生にお任せしたり、夫の転勤のために離任していたり、昨年も育児の手が離れないために、「尾野教室・富川教室 合同発表会」に横浜教室の枠を設けてもらったりと、私がきちんと主催した発表会というのはこれまで一度もありませんでした。今回初めて自分の名前で発表会をできること、とても感慨深く思っています。

とはいえ、会場の手配から時間の配分、プログラムの構成など、尾野さんにお世話になってばかりの私、まだまだ修行中であります。ただいま、壊れそうなオンボロパソコンをこき使ってプログラムを作成中!これくらいは何とか頑張る所存です。

当日の講師演奏は、久しぶりのソロ演奏も予定しております。二重奏では、9月のコンサートで演奏しました「カルメン」を再演致します。

会場は東急目黒線洗足駅から徒歩3分の「サロン・フェリーチェ」、14時開演予定です。
ご出演予定の皆さま、どうぞ体調管理には気をつけて、当日は最高の演奏ができますように。
[PR]
by yuko_kodama | 2016-11-12 06:00 | ギター教室の話

満員御礼

講師を務める横浜読売カルチャーの講座「趣味のギター」、この10月から満員御礼です!嬉しい!

ここは1人30分の個人レッスンです。7人連続して3時間半のレッスンは、体力も集中力も必要で大変ではありますが、時間のマネジメントも含めて、大変やりがいを感じています。

せっかくの満員講座です。受講生の皆さんに長く続けて頂けるよう、そして自分も長く教えていけるよう、頑張っていこうと気持ちを新たにしました。


[PR]
by yuko_kodama | 2016-10-03 23:20 | ギター教室の話

レッスン始め

横浜教室では、お正月、成人の日を含んだ長い冬休みが終わり、昨日が今年のレッスン始めでした。
そんな日にまさかの大雪!幸い、レッスンが始まる夕方までには天気も回復し、交通機関も正常運行に戻りつつあったので、大きな影響はありませんでしたが、私の長靴姿に「先生のところは相当積もったんじゃないですか?」と声をかけて下さる生徒さんも。
はい、積もりましたよ〜。

我が家周辺の今朝の様子。
d0030554_13075973.jpg


昨日の朝は20センチくらいは積もっていたと思いますが、さすがに雨と夕方の日差しで少しは溶けたかな?車道の通行に問題はなさそうですが、歩道にはかなり雪が残り、この写真を撮っている間にも市の職員さんたちが融雪剤をまいていました。電車が便利になり、横浜までは1時間強で行けるようになったのですが、やはり距離は相当あるのです。気候の違いを実感。内陸は寒いです。

さて、新年は昨年から一名減った5名の生徒さん、足元の悪い中全員出席でのレッスン始めとなりました。
入門テキストに並行して大好きな演歌の練習を始める方、独奏を目指して引き続き入門テキストを頑張る方、少し難しいけれど好きな曲に挑戦する方、表現の幅を広げていきたい方、これまでのテクニックを見直していこうという方。
目標はそれぞれですが、今年も皆さんのご希望に応えながら、そして時にはご希望に敢えて逆らいながら(笑)、それぞれのギターライフを応援していきたいと思います。
今年もどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by yuko_kodama | 2016-01-19 12:53 | ギター教室の話

発表会終わりました

昨日行われた尾野ギター教室・富川ギター教室の合同発表会、無事に終わりました。

d0030554_06580573.jpg


まずは会場設営。
尾野先生と富川教室の生徒さん方を中心に、手慣れた様子であっという間に客席が並べられました。

d0030554_06580579.jpg


地下の控え室。
出演順の早い横浜教室の生徒さんたち、簡単なリハーサル後はこちらで指慣らし。

本番は予定どおり2時に開演。まずは横浜教室の三人の演奏です。皆さん本番の舞台に緊張された様子でしたが、大きな破綻もなく、最後までしっかり弾ききりました。それぞれが頑張って取り組んできた課題は、きちんと舞台で表現できていたのではないかと思います。

続いて尾野教室の生徒さんが5人演奏。丁寧な曲作りと音楽表現に、尾野先生の指導の魅力を感じました。

休憩をはさんで、後半は富川教室の生徒さんが7人。基本をみっちり丁寧に(厳しく?)教える富川先生のスタイルが、それぞれの演奏からうかがえました。きちんと弾くと、ギター音楽というのは易しい曲でも本当に美しいと思いました。

最後には講師演奏。
まずは富川先生によるタレガの「アラビア風奇想曲」「ラグリマ」「アデリータ」、そして最後にE.サインス・デ・ラ・マーサの「ロートレック賛歌」。
そして尾野先生によるタレガ「アランブラの思い出」とディアンス「タンゴ・アンスカイ」。
子どもが小さくてなかなかコンサートに足を運べない私にとって、久々のプロの演奏は心に沁みました。

d0030554_06580585.jpg

横浜教室の皆さんと、舞台で記念撮影。皆さん、緊張から解放されて、充実した良い表情です。

発表会をとおして感じたのは「ギターっていいな。やっぱりギターが好きだな。」という自分の気持ち。来年の発表会では、私も舞台で講師演奏を務められるようになっていたいです。

今回は準備から当日の運営まで、全面的に尾野先生、富川先生にお世話になりました。本当にありがとうございました。
心からお礼を申し上げます。

そして…
来年は打ち上げに行きたいぞ〜〜!!


















[PR]
by yuko_kodama | 2015-10-25 06:31 | ギター教室の話

第1回尾野ギター教室発表会

明日10月24日(土)は、尾野ギター教室の記念すべき第1回発表会です。

主宰の尾野桂子先生には、昨年の産休の折に代講をお務めいただきました。そのご縁により、横浜教室の生徒さん方にもお声をかけて頂き、今回は三人の生徒さんが出演されます。皆さん、仕上がりも上々。後はぜひリラックスして本番に臨んでほしいと思います。

10月24日(土)14:00 開演
リフレッシュ氷川 1階集会室
(各線の渋谷駅より徒歩10分)

入場無料です。
皆様お誘い合わせの上、お越しくださいませ。
[PR]
by yuko_kodama | 2015-10-23 16:05 | ギター教室の話

綱引き

ここ数回、生徒さんとものすごい綱引きバトルをしています。

4月から始められた年配のOさんは、演歌がお好きで、いつかカラオケの伴奏をしたいと言ってレッスンをスタートされました。それ自体はカルチャーの受講生には珍しいことではなく、私もクラシックを無理強いすることはありません。ただし、入門者向けの教材というのは限られていて、入門直後から演歌を教材にすることには無理があります。

「ちょうちょ」「さくら」「荒城の月」などの知っているメロディは良かったのですが、これらの二重奏になっている教材の伴奏パートになると「メロディのないのは分からないから」と、全く弾いてくれません。伴奏パートには伴奏パートで勉強するべき課題があるので、こちらとしては困ってしまいます。
また、上達するためには正しい姿勢で弾くことが不可欠ですが、体の位置を直そうとしても、「そういうのは(弾くことに)慣れてくれば出来ると思うけど、今はそこまで出来ない」と仰るので、今のところクセの強い弾き方を直せずにいます。

確かにOさんの仰ることも一理あります。一度にたくさんのことに注意を払うのはとても難しいので、慣れてきてからでないと気が回らない、というのはそのとおりです。こちらとしては、悪いクセがつかないよう、その都度直していきたいところですが、考えてみたら「はい」と返事をしていても、そこまで気がまわらずにクセの強い弾き方を身につけてしまう方もいますから、ある意味Oさんはとても正直者です。
また、楽譜の読めない入門者にとって、メロディのないパートを弾くことも確かに難しいことです。出てきた音が合っているのか間違っているのかすら分からないのですから。

レッスンでは、出来るだけOさんの希望を尊重しつつ、どうしても身につけてもらいたいことは、一生懸命説明して、なんとかつまらないながらも練習してもらっています。その、Oさんのやりたいことと、私のやらせたいことの間で、毎回綱引きが行われているわけです。

Oさん!私はいつか本当にOさんが演歌を弾けるようになる日まで、応援するつもりでいますよ。だからこそ、つまらないことも要求するんです。一緒に頑張って、必ず好きな曲を弾けるようになりましょう。その日まで、綱引きしながらレッスンしていきたいと思います。








[PR]
by yuko_kodama | 2015-06-08 20:08 | ギター教室の話