「プロフェッショナル」〜樫本大進

NHKの人気番組「プロフェッショナル〜仕事の流儀」に、ヴァイオリニストの樫本大進さんが出演された回を見ました。

樫本大進さんを初めて知ったのは、彼が10代でロン・ティボー国際コンクールに優勝した翌年、東京での優勝記念演奏会だったと記憶しています。彼のことを知っていてコンサートに出掛けたわけではなく、たまたま当時の職場から徒歩で行けたサントリーホールでの公演をチェックしていて、価格の安いパイプオルガン席のチケットが残っていたからです。会社帰りに気軽に寄るつもりでした。

その演奏会で、彼は予定されたプログラムの前にバッハのシャコンヌを弾きました。その年に亡くなった恩師メニューイン氏への追悼の演奏だとのことでした。このシャコンヌで、私は一気に「樫本大進」のとりこになってしまいました。その集中力、音圧、存在感そして音楽性に圧倒された記憶は今でも鮮やかです。私はギターでのシャコンヌをたくさん聴いていましたけれど、「ああ、やっぱりギターのシャコンヌはバイオリンに勝てない」と、敗北感とも納得ともつかない、とにかく「このシャコンヌがスゴイ」という思いを味わいました。

その樫本さんがベルリンフィルのコンサートマスターに就任しての活躍に興味はありましたが、なかなか自分から情報をつかむまではいかなかったところ、この「プロフェッショナル」の放送!嬉しかったです。

一般向けの番組なので、音楽好きとしてはもっと掘り下げて取材してほしい部分はありましたけれど、樫本さんの才能と活躍を垣間見るには十分でした。その中で一番心に残った言葉は「いつも、もっと良く出来るはず、もっと上があるはず、と思ってます。だからいつも自分には不満ですよ。」という意味の言葉。
あんなに弾けるのに、世界一のオーケストラで才能豊かなメンバーを従えて指揮者と互角に渡り合えるほどの力があるのに、まだまだ自分に不満があるの?

そして、尊敬する師匠マリア・エステルのことを思い出しました。彼女も、とてつもない才能に恵まれた超一流の音楽家ですが、同じようなことを彼女の口から聞いたことがあります。
彼女はレッスン生を決して褒めません。前回のレッスンでの注意点を改善していったら、次はまた別の注意を受け、それを改善したらまた次…。最初はそのレッスンにフラストレーションがたまりましたが、あんなに弾ける彼女でさえ自分に不満があると知った時、自分など何も褒められるようなものは持ち合わせていないと、それまでの不満が一気にしぼんでしまいました。

私にはそんな超一流の才能は備わっていないですが、それでも音楽をやっていることで、彼らのような雲の上の存在の言葉のひとつひとつに大きな感銘や刺激を受けるアンテナを持つことが出来ているのかなと思います。

んー、まとまらないですが、たくさん刺激を受けたので、モリモリ練習しますよー!!


※サントリーホールでの演奏会については、記憶のみを頼りに書いておりますので、間違いがありましたらご容赦(または優しくご指摘)くださいませ。










[PR]
# by yuko_kodama | 2017-12-07 13:32 | メディア(番組・記事)紹介

ミニコンサート@Cherokee LiveTavern

d0030554_10243627.jpg

コンサートのご案内です。

発表会をご一緒させて頂きました尾野桂子先生と12月23日にコンサートを致します。1時間のミニコンサートですが、それぞれのソロとデュオで楽しくお届けする予定です。お忙しい時期ではありますが、どうぞお越しくださいませ。

ご予約はメールにて
ykdmykdm @gmail.com
までお願い致します。
ブログのコメント欄では受け付けておりませんので、ご注意ください。

寒くなりました。
皆様どうぞ12月もお体にお気を付けてお過ごしください。

[PR]
# by yuko_kodama | 2017-12-01 10:24 | ライブ、コンサートの話

発表会、終了しました

11月26日(日)、渋谷リフレッシュ氷川にて無事に教室発表会が終了致しました。

児玉教室からは、横浜センターの5名の生徒さんが参加、熱演してくださいました。この1年の進歩と上達に心からの拍手を送ります。

講師演奏、ソロは盗賊の唄(エドゥアルド・S・デ・ラ・マーサ編)、2つのベネズエラ・ワルツ(A.ラウロ)の3曲。

d0030554_09463460.jpg

尾野先生は、とーっても美しい
ラグリマ、アデリータ(F.ターレガ)
暁の鐘(エドゥアルド・S・デ・ラ・マーサ)の3曲。

d0030554_10153468.jpg


デュオでは、デュアートが対旋律を付した月光(ソル)、カバティーナ(マイヤーズ)、そしてカルリの対話風小二重奏曲集から第4番。
d0030554_10174292.jpg

写真のように、とても楽しく演奏させて頂きました!

最後は集合写真。
d0030554_10184329.jpg

充実の表情!皆さん、お疲れさまでした。

発表会は、児玉教室では年に1度の晴れ舞台です。また来年のこの時期、今年よりたくさんの生徒さんに舞台を経験して頂けるよう努力していきたいと思います。

ご来場のお客様、応援してくださったご家族の皆様、そして共催してくださった尾野桂子先生、本当にありがとうございました。

[PR]
# by yuko_kodama | 2017-12-01 09:40 | ギター教室の話

合同発表会2017

d0030554_11325668.jpg

あらためまして、発表会のご案内です。
プログラムが出来上がりました。表紙は昨年と同じですが、ちょこっと変化をつけました。

尾野先生との合同発表会は昨年から始めて、今年で2度目。その前の年には富川勝智先生のお教室の発表会に生徒さんを出させて頂きましたので、実質的には3回目?毎年、とても勉強になります。

生徒さんのご家族はもちろん、私のレッスンに来ているけれど発表会はちょっとまだ、、、という方や、私や尾野先生のレッスンが気になっている方など、色々な方にご来場頂けましたら嬉しいです。








[PR]
# by yuko_kodama | 2017-11-17 11:32 | ギター教室の話

教室発表会

今年も教室発表会の季節になりました。

尾野桂子先生のお教室と合同で、児玉祐子ギター教室としては第2回目となります発表会、11月26日(日)です。横浜教室から5名の生徒さんが出演されます。
今年は
・星の世界 
・メルツのロマンス 
・ラリアーネ祭
・アランブラの思い出
・アラビア風奇想曲
と、王道の曲が出揃いました。

私も講師演奏として10分ほどのソロと、尾野先生とのデュオを演奏致します。

入場無料でどなたでもお聴き頂けます。皆さまのご来場をお待ち申し上げます。

【合同発表会】
11月26日(日) 午後2時開演(予定)
渋谷 リフレッシュ氷川 






[PR]
# by yuko_kodama | 2017-11-13 22:04 | ギター教室の話

ミニコンサート終了

d0030554_10020780.jpg
10月6日(金)、秋津の隠れ家カフェ「loop(ループ)」さんにて無事にミニコンサート終了しました。

会場のループさんは、とても響きのよい空間でした。なんて気持ちの良い響き〜と開演前は調子よくスラスラ弾いてたのですが、やはり本番はそうは問屋が卸さない。。。久しぶりのソロコンサートの緊張に、ミスタッチ続出。でも、弾き慣れたクラシックのレパートリーが自分を助けてくれました。
アラビア風綺想曲、アメリアの遺言、盗賊の唄など、自分の音楽をきちんとお伝えできたのではないかと思います。

当日いらして下さったギタリスト兼作曲家の瀬戸輝一さまが、ブログに感想を書いて下さったのでリンクはります。


「ギターをしっかり鳴らしていて丁寧な演奏」というご感想、ああ自分の良いところをきちんと出せたんだなーと思い、本当に嬉しかったです。貴重なお時間を割いてのご来場、そしてご感想、どうもありがとうございました。

私が弾いているのは、アルカンヘル・フェルナンデス。名器と言われる楽器です。透きとおるようなギター本来の音色が持ち味ですが、弾いた分しか音が出ません。逆にいうと、世の中のほとんどのギターは、弾いた以上の音が出ています。良し悪しは置いておくとして、アルカンヘルは弾くのが難しいとか張りが強いとか世間で言われるのは、きちんと弾かなければきちんと鳴らない楽器だからなのです。

私には、速い曲、難しい曲をミスなく弾ききるようなテクニックはありませんが、「きちんとしたタッチで楽器を鳴らす」テクニックは持っていて、そしてそれは初めてお会いしたギタリストの方にもちゃんと伝わるものだったのだと、嬉しく思いました。

これからも自分らしく、クラシックギターの良さを届けていきたいと思います。
次回、同じくloopさんにて1月26日(金)にミニコンサートの予定です。あらためてご案内させて頂きますので、ぜひお越しくださいませ。

最後に。
こうして「きちんと楽器を鳴らすテクニック」を身につけられたのは、恩師の手塚健旨先生のお陰にほかなりません。その基礎の上に、たくさんの演奏技術を惜しげもなくレッスンして下さったのは、留学中に師事したマリア・エステル・グスマン先生です。2人の恩師に心から感謝したいと思います。(他にも数えきれないくらいの恩人に感謝します!)

さて、今日はその恩師マリア・エステル・グスマン先生の東京でのリサイタル!本当に楽しみです。チケットはたったの5,000円です。私のミニコンサートが1,500円、値段は3倍ちょいですが演奏は100倍、いやもっと??すごいんです。ぜひぜひ一緒に行きましょう。







[PR]
# by yuko_kodama | 2017-10-13 10:01 | ライブ、コンサートの話

10年ぶりのコンサート

d0030554_21460899.png
コンサートのご案内です。
10月6日(金)、地元近くの隠れ家カフェにてミニコンサートを致します。
13席のこぢんまりした音響の良いカフェです。間近にギターの音色を楽しんで頂けると思います。

1人でコンサートをするのは10年ぶりくらいだと思います。今から冷や汗かいて緊張しています。

お近くの方も、そんな地の果てまでは行ったことないぞという方も、ぜひご予約の上お越しくださいませ。
よろしくお願い致します!







[PR]
# by yuko_kodama | 2017-09-06 21:45 | ライブ、コンサートの話

オリエンタル練習会

9月に入りました。秋のような涼しさに、着るものを考えてしまう毎朝です。

3日(日)は、オリエンタルの練習会に参加してきました。今回は留守番がいなかったので、9才と2才の2人の娘を連れて行きました。メンバーの皆さんに可愛がって頂き、2人とも「楽しかった!」と言ってくれました。せっかくの日曜日、遊びに連れて行くでもなく私の用事に付き合わせて可哀想だと思いましたが、一度一緒に行けば私が留守にする日「お母さんはあそこに行ってギターを弾いてるのね」と具体的に分かってくれるかもしれません。それに、2時間真剣に練習する大人たちを横目に、何かしらはインプットがあったはず…と期待します。

さて、今回の基礎講座では下降スラーを取り上げました。前回の上行スラーと共通する点は、出来るだけ指の動きを小さくすることと、発音する瞬間をきちんとコントロールしてリズムを乱さないこと。でも、実際の指の動かし方に共通点はあまりありません。弦を叩いて発音する上行スラーと、弾いて発音する下降スラーは「スラー」とひとくくりには出来ない、異なる技術です。下降スラーの場合は弦を左手で弾いて発音するわけですから、むしろ右手で普段どのように弦を弾いているかを考えた方が共通する点があると思います。だからこそ、2回に分けて講習しました。皆さんのお役に立てたでしょうか。

次回以降の基礎講座のテーマが未定です。ランチタイムにもご意見伺いましたが、取り上げてほしい技術がありましたら、ぜひコメント欄で結構です、リクエストをお願い致します。

芸術の秋。9月、10月と、やることがたくさんです。ひとつひとつ丁寧に、でもそれなりに迅速に。。。難しいですが、頑張りたいと思います。

[PR]
# by yuko_kodama | 2017-09-06 13:41 | ギター教室の話

訃報 長野文憲先生

Bunken先生こと長野文憲先生がご逝去されたとの報せを受けました。

https://www.facebook.com/gendaiguitar/posts/1449071705180778

現代ギター社のfacebookページのリンクです。お別れの会等の詳細は分かり次第掲載されるとのことです。

長野先生には、直接お会いしたことがありません。ご縁があり、6月から長野先生が担当されていたNHK文化センター光が丘校でのレッスンの代講をお引き受けしておりました。電話でレッスンの引き継ぎをしたのが6月の末のことです。それからまだひと月あまり、突然の出来事に言葉もありません。ましてや長年Bunken先生を慕ってこられた受講生の皆さんの胸中はいかばかりでしょう。

先生、お引き受けした受講生の皆様に責任持って今後もギターの楽しみをお伝えしていくことをお約束しますとともに、心からご冥福をお祈り申し上げます。















[PR]
# by yuko_kodama | 2017-08-11 08:29 | ギター教室の話

集中力と感情のバランス

8月になりました。猛暑の7月から一転、過ごしやすい日が続いて助かります。
今日はまた、お気に入りのテレビ番組「奇跡のレッスン」(NHK Eテレ)からの内容です。

今回はバレーボール。最強コーチはバレーボール世界一のブラジルのユース世代強化責任者でもあるアントニオ・マルコス・レルバッシ氏、愛称マルキーニョスさんです。試合と練習を区別せず、ミスをしない練習を徹底的に求める厳しい姿勢と、子どもたちのベストを引き出すポジティブな声かけ。教える立場の者として学ぶことが多くありました。

中でも強豪との練習試合を終えた子どもたちとの最後のミーティングでのマルキーニョス氏のレクチャーは、そのまま演奏会本番に当てはまるような素晴らしい内容でしたので、ご紹介します。

「集中力と感情のバランス」

強豪との試合の第1セット、子どもたちは緊張のあまり体がまったく動きませんでした。これは、強豪校を前に「恐怖心」が募ってしまったから。「恐怖心」というネガティブな感情が高まると、集中力は低下します。あっという間に失点を重ね、25対4というワンサイドゲーム。

d0030554_23163778.jpg


では、「恐怖心」の対義語は何でしょう?それは「勇気」なのだそうです。
第2セット途中、エースの決めた素晴らしいスパイクをきっかけに子どもたちに笑顔が戻ります。練習どおりのプレーを取り戻した子どもたちは、目標としていた10点を上回る14点を獲得、試合には敗れましたが目標を達成することが出来ました。
ポジティブな感情が集中力を高めたのです。

d0030554_23163837.jpg



演奏会本番、ステージの上で緊張しない人はいないでしょう。でも、その緊張を集中力につなげることが出来るか否か。演奏の出来に大きく関わるのは感情だったのです。自分に自信を持ち、曲にのせた豊かな感情を解放できた時こそ、集中力が高まり最高の演奏が出来るのではないかと思います。たぶん、私もうまくいったステージは、そんなふうに弾いていたと思います。最高に気持ちのいい瞬間です!

いつもこんな風にはいかないかもしれません。でも知っていれば、知らないよりは出来ることがあります。聴衆を、自分の演奏に審判を下す敵と思って恐怖するのではなく、自分の音楽を温かく迎えてくれる仲間だと思い、勇気と自信を持って最初の一音を響かせたいものですね。

さてそのためには、練習と本番を区別せず、練習でも常にミスに厳しくあらねばならないのですが。。。ここ、めっちゃ難しいです!!苦笑






[PR]
# by yuko_kodama | 2017-08-02 22:41 | メディア(番組・記事)紹介