ご来場ありがとうございました!

11月3日(土)、田園調布富士見会館にて、富川勝智氏とのデュオコンサートが行われ、無事に終了いたしました。ご来場いただきました皆さま、本当にありがとうございました。

実は予想外にプログラムが長くなったようで、「お得な」コンサートになりました。前後半合わせて、実に2時間近く演奏してしまったようです。前半ではシャイトラーの「ソナタ」、後半はソルの「幻想曲 Op.54bis」が評判良かったようです。意外に、「きらきら星変奏曲」にも好反応がありました。ソレールの「ソナタ」も、コアなお客さまに好評価でした。

時間の都合上、ほとんどトークはなかったのですが、途中、富川氏は愛用の譜面台「かに足クン」について熱弁をふるっています。
d0030554_1025824.jpg

アンサンブルをやると、どうしても譜面が長くなります。ソルの「幻想曲」などは、切れ目がないので、パート譜にしても5ページ以上になります。この「かに足クン」は、普通の譜面台よりもアームの数が多いうえ、関節があって自由に曲がる。長い譜面も、落下の危険なく、らくらく置けちゃう優れものなのです。私も買おうっと。

演奏については、録音をきいてじっくりと反省中。
同じ楽器を使っているにも関わらず、結構音が違うので面白いです。面白がるだけでなく、富川氏の広がりのある音、まろやかかつ太い音がどんなタッチで生み出されているのか、私も研究してみたいと思います。力いっぱい弾いているようには見えない(実際、力は必要ないのでしょう)のに遠達性があるんですね。素晴らしいです。
フレージングや歌いまわしも、富川氏の音楽性が十分に表現されていて、その上で、時代もジャンルも異なる幅広いプログラムのそれぞれに完全にマッチしているところがスゴイ。私はその流れに乗せてもらうだけで、良い演奏になってしまったという感じです。こうした演奏は、生徒さんにもたくさん聴いてもらいたいですね。ぜひまた機会を設けて、ご一緒させていただければと思います。
富川さんのブログでも、リハーサル風景や打ち上げの模様など、楽しく紹介されています。ぜひご覧下さいね。→http://guitar.livedoor.biz/
最後になりましたが、会場で早くからお手伝いをしていただいた方々、本当にご協力ありがとうございました。

♪Program
・2つのソナタ(ソレール)
・<きらきら星>の主題による変奏曲(モーツァルト)
・カタリ・カタリ/オーバー・ザ・レインボー/小さい秋みつけた
・ソナタ ニ長調 (シャイトラ-)
・3つの小品 (パークニング編)
・バッキアーナ 第1番・第2番 (ノゲイラ)
・タンゴ、ミロンガ、終曲 (プホール)
・幻想曲 Op.54bis

今後は、
11月22日(木) 国分寺クラスタ 楠幸樹・丸山耕太郎・児玉祐子 ジョイントライブ
12月7日(金) 曙橋 バック・イン・タウン コスモスライブ
に出演予定です。ぜひご来場くださいませ。
[PR]
by yuko_kodama | 2007-11-05 10:19 | ライブ、コンサートの話
<< 音色を考える マリア・エステル・グスマン ギ... >>