アルベニスの「コルドバ」

しばらく更新できずにいたところ、生徒さんから「先生、最近忙しいのですか?ブログが更新されませんね。」などと、声をかけて頂きました。
更新を楽しみにしてくださる方がいることは、大変嬉しいことですね。
今日はタイトルどおり、アルベニス作曲の「コルドバ」について、思ったことを書いてみます。

3月14日(水)のバック・イン・タウンでのライブでは、椎野みち子さんとのデュオを数曲予定しており、その中の1曲に「コルドバ」があります。ソロでも演奏されることの多い人気曲ですが、今回はE.プジョール編の二重奏バージョン。息を合わせるのが難しいし、ソロにはない効果的な音が盛り込まれていて、かなり手ごわいレパートリーではありますが、大好きな曲です。

その「コルドバ」ですが、タイトルはスペインのアンダルシア州にある都市の名前です。私はこの街を2度訪れています。イスラム教徒がスペインを支配していた時代は、南部の拠点都市として繁栄を謳歌しました。巨大なメスキータ(イスラム寺院跡)を始め、街に残る数々の観光スポットが、当時の栄華を物語っています。現在は、首都マドリーから新幹線で1時間半ほど。交通は便利になりましたが、旧市街は鄙びた雰囲気の静かな街で、同じアンダルシアでもセビーリャのような都会的な華やかさとは無縁に感じられました。アルベニスがこの「コルドバ」を作曲した当時の街は知りませんが、現在のコルドバを訪れた私にも、この曲のイメージそのものとして、記憶に残っています。

夜明けを告げる鐘が、メスキータの鐘楼から街に響きます。街はまだ眠りから覚めず、静けさのうちに、空だけが次第に明るさを増していきます。
やがて人々は朝をむかえ、物憂げな街が生活のリズムを刻みはじめます。それぞれが仕事に向かい、主婦は市場へ買出しに出かけるでしょう。通りには子供の遊ぶ声が響きます。
午後になると、日差しが強くなり、鄙びた静かな街もアンダルシアらしい明るさに包まれます。グアダルキビル河のゆったりとした流れにかかるローマ橋。巨大なメスキータを赤く染めて沈む夕日。乾いた風。かつてこの街に栄光があったころも、アンダルシアの太陽は同じように照りつけていたのです。
夜になり、嘘のように静まりかえった街。それは、栄光が去り、静かに余生を送るような現在のコルドバの姿にも重なるように思えるのです。

こんな私のイメージが伝わる演奏になれば最高です。
[PR]
by yuko_kodama | 2007-02-23 22:37 | ギター音楽の話
<< ホワイトデーライブ満員御礼 指揮者 大野和士~「プロフェッ... >>