蒲田教室 第3回発表会

蒲田教室は、私の担当するレッスンでも唯一グループレッスンという形態をとっています。そこで、3クラスの合同レッスンという形をとって、半年に1度、発表会形式の授業を行っています。今回はその第3回目。皆さん、第1回から連続出演なので、以前と比べて格段に落ち着いて演奏されるようになりました。やはり、場数を踏むことは、他では代用できない良い勉強だと実感です。目標を持って練習すると、必ず結果が出ることも分かります。

蒲田教室は、読売文化センターの閉鎖に伴い、10月からは川崎へ移動します。川崎では、読売文化センター川崎校が新規オープン。ぴっかぴかの教室で、気分も新たに頑張りたいと思っています。

蒲田教室 第3回発表会

d0030554_16432083.jpg Mさんは、ワルツ(F.カルリ)を演奏。Mさんの音色はとてもしっかりしていてキレイです。これからどんどん、ソロの曲に挑戦していきましょう。


d0030554_16495966.jpg Nさんは、童謡「赤い靴」「月の沙漠」を演奏。「月の沙漠」は、ずっと拍子がうまくとれずに苦労されていましたが、この日はそれがすっきりと解決された、とても良い演奏でした。回を重ねるごとに緊張がうまくコントロールできるようになってきたみたいですね。


d0030554_16525533.jpg Iさんは、ロマンス(メルツ)、マリア・ルイサ(サグレラス)の2曲を演奏。クラシックギターの王道を進んでいます。表現がしっかりしていて音楽的ですね。今後は一緒にフォームなどを研究して、体の負担を減らしていきましょう。


d0030554_16551786.jpg このクラスでも大御所(?)の感のあるKさん。今回は、カノン(パッヘルベル)を演奏。編曲ものでも、ギターに合う曲は色々ありますね。しっかり雰囲気出てましたよ。暗譜しにくいカノンですが、ばっちり譜面なしで演奏されました。パチパチパチ!!


d0030554_1657665.jpg 期待の星 Sくん。「禁じられた遊び」を好演しました。めきめきと上達しています。最年少だけど、度胸は誰よりもある。本番に強いのは家系なのだそうです。



この後、IさんとKさんの二重奏で「赤いスイートピー」、MさんとNさんの二重奏で「星影のワルツ」が演奏されました。2週間に1度という限られたレッスンの中で、あわせる時間もあまりとれませんでしたが、2組ともよく息の合った演奏でした。

最後に私が、映画「ディアハンター」のテーマとして有名な「カヴァティーナ」、それに「煙が目にしみる」の2曲を演奏。やっぱり、受講生と緊張も共有しないとね。(本当に緊張しました!)

終演後は、なごやかにお茶を飲みながらの懇親会。演奏後のほっとするひとときです。

次回は3月の最後のレッスンを発表会形式で行います。また勉強を続けていきましょう♪
[PR]
by yuko_kodama | 2006-09-20 17:20 | ギター教室の話
<< 読売文化センター川崎 オープ... 忘れっぽい >>