ららら♪クラシック

7月21日放送の「ららら♪クラシック」(NHK Eテレ)を、一晩遅れて録画視聴しました。いやー、面白かったです!

私は手塚先生とともに、セゴビアの生地リナーレスを3回(4回?)訪れています。セゴビア記念博物館も見学させて頂き、テレビで紹介されていたセゴビアの実物大の手の石膏像もこの目で見ました。でも、実際にセゴビアが演奏する映像をこんなにたくさん見たのは初めてです。石膏の手だけを見るよりも、実際にギターを弾いている映像を見た方が、その手の大きさを実感できるような気がしました。普段から自分の手とギターの大きさの相関を見慣れているからでしょうか。普通の楽器だとしてもめちゃくちゃに大きな手に見えますが、楽器が665ミリの特注品ですから、その大きさたるや想像を絶します。

手塚先生は、やはりあれくらい話して下さると面白いですね。前回の「禁じられた遊び」ではほんの少しのビデオ出演でしたから、今回の方が断然持ち味を発揮されていたと思います。手塚先生の喋りは、コンサートでも絶妙です。今回ご興味を持たれた方はぜひコンサートにもお運び下さい。演奏ももちろん素晴らしいです。若いギタリスト達はどんな難曲もすらすらと簡単に弾きますが、巨匠の時代を肌で知るギタリストは音が違います。貴重な存在です。

テレビ放送の内容には、ほとんど触れていないつもりです。お見逃しになった方はぜひ再放送をご覧下さい。
7月27日(木)午前10:25〜 NHK Eテレ

さらにはラジオ特番もございます。
8月11日(金・祝)午前9:20〜 NHK FM

自分にはもちろんセゴビアトーンは無理ですが、やはりギターは音色が命とあらためて思いました。拙いギターですが、また練習頑張ろうと思います。



[PR]
by yuko_kodama | 2017-07-22 22:59 | メディア(番組・記事)紹介
<< 集中力と感情のバランス 7月オリエンタル練習会 >>