「技術は練習で磨く」by マグジー・ボーグス

5月になりました。
急な暑さや雷雨など不安定な気候ですね。
私は4月後半から少し風邪をひいていましたが、ようやく元気が出てきました。

今日はゴールデンウィークの谷間。横浜教室はセンターの休館日にあたり、レッスンはお休みです。久しぶりにNHKのお気に入り番組「奇跡のレッスン」を録画視聴しました。今回のコーチは元バスケットボール選手マグジー・ボーグスさん。NBA史上最小の身長160cmながら14年間にわたりプロとして活躍した偉大な選手だったそうです。

今回のレッスン中、私の心に最も響いた言葉は「技術は試合で磨かれるんじゃない、練習で磨くんだ!」というもの。音楽でも同じことが言えると思いますが、「本番こそ最高の練習」という言葉も聞きますね。どういうことなのでしょう。私なりの考えです。

「本番こそ最高の練習」というのは、間違いではありません。そういう言葉を実際のプロ講師や演奏家からも聞きますし、私もそう思います。けれども、それが何の練習なのかを勘違いしてはいけません。

本番で練習できるのは、実際の聴衆を前にしての音楽的なコミュニケーションです。それは自宅の練習ではシミュレーションにしかなりませんし、10回本番があれば10通りの違うやりとりになり得るものです。本番の経験を重ねることで勉強するしかありません。そして、そうした本番での経験を学ぶためには、演奏の基本的な技術を「練習で」磨くことが大切なのです。

日々自分なりの課題に向き合って真摯に練習を重ねることで、本番では自信を持って演奏できるようになります。自信が本番での集中力になり、良い緊張感になり、一期一会の演奏を生み出します。その成功経験こそが、本番で得られる最高の成果です。良い本番を繰り返すことが「最高の練習」であり、本番で失敗を繰り返すことは何の練習でもありません。(「次こそは!」というモチベーションを得られることはあっても、それを「最高の練習」とは言えないと思うからです。練習の伴わない状態での本番はとても危険だと個人的には思います。)

プロの話ではありません。年齢も経験も技術レベルも関係ありません。その人なりに、自分に合った課題をクリアするための練習をきちんとしましょうね、という話です。そして、何のために練習するのか。それはもちろん、本番で聴衆にきちんと自分の演奏を届けるためなのです。

さあ、私も練習しよう!!!
そう思った5月1日です。







[PR]
by yuko_kodama | 2017-05-01 14:01 | メディア(番組・記事)紹介
<< 気合い入れます! 池田慎司&レオナルド・ブラーボ >>