クラスコンサート

3月27日(月)、本日の横浜教室のレッスンはクラスコンサートでした。7名の受講生のうち、時間の都合のつかなかったお一人を除く6名の方が参加、それぞれが現在勉強中の一曲を演奏しました。

事前の準備が整わず色々とご迷惑もおかけしましたが、終わってみれば皆さん笑顔。やって良かったなと充実感を味わっております。

d0030554_22510752.jpg


こんな感じで、普段の講座で使用している部屋でアットホームに行いました。ここは個人レッスンの割には部屋が広いので、こうしたイベントにも使えてありがたいです。

私は講師演奏として、全音版小川和隆編エチュード集からソルを3曲、カルカッシ、コスト、ターレガをそれぞれ1曲づつ、合わせて6曲を演奏しました。どれも受講生の皆さんが過去に弾いた曲やこれから挑戦して頂きたい曲ばかりです。決して難曲ではありませんが、私の大好きな曲を選び、表現に気を配り音楽的に美しく聴かせたいと思いながら弾きました。

「エチュード」「練習曲」というと、どうしても勉強・修行的な感覚で取り組んでしまいます。もちろんそれぞれの曲には技術的に学ばなければならない要素が凝縮されていて、それでこそ「エチュード」なのですが、その技術は音楽を楽しむための『手段』であることを忘れてはなりません。音楽を楽しむために技術を高めるという意識を持っていただきたいと思います。修行的でなく、音楽を楽しみながら技術を高めることができることを考えてこの曲集を作りました。
(小川和隆「決定版ギター・エチュード集」はじめに から引用)

この言葉に深く共感しています。
もちろん本格的にギターを深く学びたい方にはそれぞれの作曲家ごとのエチュード集や教本を使って勉強することをお勧めしたいのですが、この全音版エチュード集はシニア初心者の多い横浜教室ではとても重宝している曲集です。今日の私の演奏から、どれか一曲でも受講生の皆さんの心に響くものがあったなら嬉しいなあと思います。

次週からは新年度。
心を新たに、これからも皆さんに継続して楽しんで頂ける講座を目指して頑張ります!
















[PR]
by yuko_kodama | 2017-03-27 22:24
<< 4月も色々やってます! 3月のオリエンタル練習会 >>