ラファエラ・スミッツ マスタークラス


d0030554_04240673.jpg


10月30日(日)、センター南「スペースSENCE」にてベルギーの名手ラファエラ・スミッツさんによる公開でのマスタークラスが行われ、受講してきました。レッスンはスペイン語で行われ、手塚健旨先生が通訳をされました。

曲は「アメリアの遺言」。
最初のメロディではポルタメントの入れ方と歌わせ方、ハーモニクスのパートでは伴奏部への気配り、最後の低音メロディのパートではビブラートと雑音の処理という感じの、分かりやすく実践的なレッスンでした。

メロディがハーモニクスになる部分、私は確かに伴奏に全く意識をはらっていませんでした。この部分では、私にメロディ(ハーモニクス)だけを弾かせて彼女が伴奏をする、という形でその響きを確認させて下さったのですが、緊張していたせいで客観的にその響きを感じ取ることが出来なかったのが残念です。

d0030554_14412848.jpg


他の方のレッスンはこのような曲でした。
全て聴講したかったのですが、時間の都合がつかずに聞けませんでした。私の前にトップバッターで受講された杉本みどりさん(ヴィラ=ロボス「プレリュード第1番」)のレッスンと、私の後に受講された佐々木みことさん(バッハ「シャコンヌ」)の最初の10分をなんとか、という感じ。どちらのレッスンも、本人に向けてのレッスンであることは間違いないのですが、聴講生にも大変ためになる普遍的な内容を含んだレッスンでした。

“音楽で一番大切なものは?の問いに多くの人は「メロディ」と答えますが、より大切なのはリズムで、きちんとしたリズムで演奏されていればメロディの中の音がひとつやふたつ間違ったところで何も問題ないのです。”
“偉大な先人の演奏に影響を受けすぎず、きちんと楽譜に書かれた音楽を再現しなくてはいけません。”
どちらも心に残る言葉です。

実際にお会いしたラファエラさんは、コンサートのチラシの写真よりもずっと若々しくエネルギッシュで、そしてとてもチャーミングな方でした。レッスンでもユーモアを交え、「悪い例」をおもしろおかしく演じて下さったり。今日は聴講のみのお客様もとても多かったのですが、きっと楽しめたことと思います。

素晴らしいレッスンでした。

d0030554_04341256.jpg








(余談)
レッスン開始前。
手塚先生「私、この曲がほんとに好きなんですが、誰もいい演奏してないんです。」

そんなこと言われたら「なら私がちゃんと弾いてやる!」と思ってしまいますよね。近々、手塚先生にもレッスンを受けにいきます。今日の復習を兼ねて、色々聞いてきたいと思います。難しい曲ですが、いつかちゃんとコンサートで弾きたい、私も大好きな曲です。


[PR]
by yuko_kodama | 2016-10-31 03:39 | ライブ、コンサートの話
<< ラファエラ・スミッツさんのシャコンヌ 子育て広場でコンサート >>