3月が去って

d0030554_1329264.jpg


近所の公園の桜です。
今週月曜日に撮影したものです。ちょうど満開でした。
あっという間に満開になった桜のように、あっという間に過ぎていった3月。今日はもう4月に入り4日目です。焦ります。。。


3月のレッスンから。

今まで「あまり曲を知らないから」と
私の勧める曲をひたすら勉強してきた在籍10周年のご長老、初めてご自分から「この曲を弾いてみたい」と、ペルナンブーコの「鐘の音」に取り組みました。こういう小さい一歩がとても嬉しく感じます。

体験レッスンにいらした方は推定70代後半。30分の体験レッスンで、4月からのご受講を即決されました。いくつになっても好奇心溢れる姿勢は、自分も見習うべきものです。大切なのは、難しさに行き詰まった時に歳のせいにしないこと、とお話させて頂きました。シニアの方々へのレッスンを数多く経験してきた私の実感です。ゆっくりでも必ず上達します。周りと比べず、過去の自分と比べましょう。

代講に入って下さった尾野先生のお言葉。「爪のことを尋ねたら切りっぱなしだと言うので、磨いてあげたところ、音の違いに驚かれていました」。
半年以上レッスンしていて、こんなことも気付いてあげていなかった。本当に申し訳ないと思いました。時間に追われていても、大切なことは教えていかなくてはいけないと反省しました。

新年度も頑張りたいと思います。










[PR]
by yuko_kodama | 2015-04-04 13:14 | ギター教室の話
<< 子ども発表会 音楽がある、もう一人じゃない >>