今日のチームG

24日(土)に行われたアンサンブル・フェスティバルには、多数のご来場を頂きましてありがとうございました。私も、大変楽しく演奏させて頂きました。参加団体それぞれに個性あふれる演奏でした。来年は、イタリアの合奏団をゲストに招く予定です。今から楽しみです。

さて、そんなアンサンブル・フェスティバル出演を目標に(私が勝手に設定)、今日も我らがチームGは頑張っております。
前回までは、ビートルズの名曲「イエスタディ」を練習、きちんと目標をクリアし、私の予想を上回る演奏で応えてくれているチームG。今回は新曲「追憶」を初めて練習しました。
この「追憶」、1973年公開の同名映画の主題歌として大ヒットした曲のようです。その題名のとおり、甘く切ないメロディが青春時代を思い起こさせるようなナンバーです。

この曲、長く伸ばす音と速く動く音の対比がとても美しいメロディラインをなしているのですが、リズムを取るのが苦手な方にとっては、この伸ばす音のカウントを正確にとるのが難しい様子。また、裏拍からメロディが始まるなど、ポップスらしい曲調も難しさに拍車をかけて、1stパートがかなり苦戦しております。今回は私も1stを演奏し、なんとか曲の感じを掴んでもらう作戦。1時間以上の練習の末、最初はオチまくって1割程度しか音のなかったメロディライン、最後には7割くらいは弾いていたかな?今後は個人レッスンの時間も使って仕上げていけたらと思います。
次回の目標は、私が入らずにメンバーのみで通して演奏できること、でしょうか。

アンサンブルには、ソロとは違った難しさがあり、また、それがアンサンブルの楽しみでもあります。
普段は難しいソロ曲に挑戦していて、なかなか強弱緩急といった感情表現にまで至らない方が、技術的に余裕のあるアンサンブルでは表情豊かに演奏して盛り上げてくださる。ソロ曲ではあまり音量のない方も、皆さんと合わせようと自然に大きな音を出せるようになっています。
もちろん、リズムに自信のない方には大変な勉強になっていることでしょう。

これからもチームGは、楽しみながら上達していく予定です。応援、よろしくお願いします‼︎
[PR]
by yuko_kodama | 2014-05-26 19:32 | ギター教室の話
<< お久しぶりです アンサンブルの楽しみ >>